Amazonの音楽聴き放題サービス「Prime Music」を試してみた

先日、Amazonプライム会員向けに定額音楽配信サービスを開始したニュースをツイートさせてもらいましたが、配信開始から2日間、実際に使ってみた感想などレビューしたいと思います。

↓その時のツイート

Amazonプライム会員宛にはメールで個別に案内が来ていましたので既に試されている方も多いのでは無いかと思います。

benri-amazon-primemusic-mail

私のところにはサービス開始の翌日にメールで案内が来てましたが、タイムラグ等あるのでしょうか。

Prime music(プライム・ミュージック)とは

benri-amazon-primemusic-banner

Amazonプライム(年会費3,900円)の会員特典のひとつである定額音楽配信サービスになります。

Amazonプライム会員の他に、「Amazon Student有料会員」、「Amazonファミリー会員」も同様に追加料金なしでPrime musicを楽しむ事が出来ます。

つまり、Amazonが提供している有料会員サービスに登録している人であれば無条件で使う事が出来るサービスなのです。

海外では既に提供されていたサービスになりますが、日本ではこの2015年11月18日から正式にサービスがスタートしました。

100万曲以上が聴き放題

Apple musicは2500万曲以上(2015年11月20日現在)と比べると楽曲数が少ないなという印象を受けますが、随時楽曲の追加を行っているようですので、今後に期待したいサービスです。

豊富なプレイリスト

音楽専門家が選曲したプレイリストが多数登録されています。

私は音楽に非常に疎く、ラジオも聴かなければテレビも見ず、iTunesで音楽を買うことも極稀、最近の新曲が何かは当然しらず、90年台の懐メロ位しかわからないようなレベルです。

そんな無知な私にとっては、気分に併せて選曲してくれるプレイリストは非常に使いやすいです。

自分で好みの曲を集めたプレイリストを作成することも出来るので、こだわりのプレイリストを作る楽しみ方も出来ると思います。

benri-amazon-primemusic-playlist

 

Amazon musicアプリで音楽が身近に

スマートフォンやタブレットにAmazon musicアプリをダウンロードすれば、家だけでなく移動中でもランニング中でも音楽を楽しむ事が出来ます。

ランニング用や勉強用と言ったプレイリストが配信されていますので、それと併せることで利用場面に併せた選曲でより音楽を身近に感じれるのでは無いかと思います。

benri-amazon-primemusic-app

Prime musicの使い勝手はどうなのか

benri-amazon-primemusic-think

Prime musicは既にAmazonプライム会員であれば会員特典として無料で使うことが出来ますが、無料会員の場合は新たにAmazonプライムに登録する必要があります。

新しくAmazonプライムの会員になるべきかどうか・・・気になるのはPrime musicの使い勝手次第だと言う方も多いと思いますので、私自身の利用環境も含めてレビューを書きたいと思います。

【日々記事@HIDE-Kの利用環境】
  • iPhone6s
  • mvno(DMM mobileのSIMで低速モード300kbps)
  • Bluetoothイヤフォン(Jaybird BlueBuds X)
  • Amazon musicアプリを使用

家のノートPCはディスプレイが割れているので使っていない&会社のパソコンでは音楽を聴かない事から、完全にスマートフォンでのレビューとなります。

低速回線でも再生が安定している

敢えてLTEの高速通信環境ではなく、アプリで速度制限を掛けた300kbpsしか出ない環境で使ってみました。mvno回線は高速通信が常に安定していると言う訳ではありませんし、全てが150Mbps以上のLTEではなく、中には500kbpsなどの中低速プランもある為です。

6時~9時、13時~15時、21時~24時の間で継続して1時間連続再生を行う方法で使ってみましたが、ダウンロードが追いつかないなどは一切発生せず非常に安定した再生レベルが保たれていました。利用者が増加することによるトラフィックの増加で速度低下が起こるのか・・・は正直分かりません、今のところ非常に快適です。

アプリ内に音楽をダウンロード出来る

何と!これには驚きました。アプリ内に事前に楽曲をダウンロードしておく事で、通信が出来ないエリアや飛行機の中でもお気に入りの曲を楽しむ事が出来ます。

ストリーミング配信のみだと思い込んでいたので、これは非常に嬉しい誤算でした。

家のWi-Fiで事前にダウンロードしておけば、データ通信量を気にする必要もありませんし、バッテリーの消耗も抑えることが出来ますので、端末の容量が許すのであれば事前ダウンロードはアリだと思います。

ワイヤレスイヤフォンを経由しても音質が良い

ストリーミング配信かつワイヤレスイヤフォンだと、ノイズも入り音質が悪くて聞けたもんじゃ無いかと思いましたが、全然そんな事はありませんでした。

非常に安定したストリーミング配信で、本当に通信をしているのかどうなのか疑いたくなるようなレベルです。素晴らしいと思います。

超高性能なヘッドフォンで没頭するように音楽を楽しむ人がどう感じるかは分かりませんが、少なくとも「ながら」で音楽を楽しむ私には音質は全然気になりませんでした。

アプリの操作もシンプルでわかりやすい

アプリをダウンロードして起動すると、ログイン画面が表示されますので、Amazon会員のIDとパスワードでログインすれば完了。Amazonプライム会員であればそのまま使う事が出来ます。

benri-amazon-primemusic-app-login

アプリの操作は非常にシンプルで、それほど操作に困ること無く、直感で操作が出来ると言えます。

プレイリスト/注目/新着/人気とタプを切替ることで、それぞれ機械的にピックアップされた内容が表示されますので、音楽に疎い私からすると非常に有り難いです。
benri-amazon-primemusic-app-ui

広告表示ゼロ

この手の定額音楽配信アプリの場合、広告が出てくることが多いのですが、このAmazon musicアプリは広告が一切表示されません。

iTunesのように本当に音楽アプリとして特化させようとしているように感じます。

バックグラウンド再生可能

バックグラウンド再生出来ますので、最小化すれば他のアプリやゲーム、ブラウジング、読書など同時に色々な事が出来るようになります。

ランニングアプリを起動しながらAmazon musicアプリで音楽を聴く、そういった事も可能です。(私は音楽を聴きながら走らないのですが。。。)

ただし要注意な事が・・・

パソコンのPrime musicでアルバムを検索して詳細を開くと・・・

Prime musicのプレイリストに追加するボタンと、通常通りアルバムを購入するためのボタンとが上下に並んでいます。

Prime musicのボタンは青くなっているので、焦らずにそちらを押せば大丈夫ですが、焦ってカートへ入れてしまわないように注意しましょう。

benri-amazon-primemusic-order

危うくカートへ入れてしまいそうになりました。。。

アプリから検索して表示されるぶんにはPrime musicで登録されている楽曲および、自分が既に購入している楽曲の中からの検索になるので、誤って購入してしまう心配は無さそうです。

音楽定額配信サービスとして見たPrime music

benri-amazon-primemusic-think2

今はまだ成長期なので、これからの成長に期待したいと言うのが率直な感想です。

元々Amazonプライム会員だった人からすると、非常にメリットのあるサービスだと言えます。何せ追加料金が発生しない、広告も挿入されない等至れり尽くせりだからです。

勿論、まだAmazonプライムの会員では無い方が、定額音楽配信サービスのみを目的(プライム・ビデオ等は一旦除外する)としてAmazonプライムに加入する場合についてもメリットはあります。

Amazonプライムの年会費が3,900円(税込)ですので、月々325円で100万曲以上の音楽が定額で聴き放題と考える事が出来るからです。

プラットフォームを問わない環境で利用できることを考えれば、キャリアで課金するレコチョクなどの定額サービスよりかはメリットがあるように感じます。

邦楽はまだまだ曲数も少ないですので他のサービスとの比較が難しいところですが、アプリにダウンロードした上で再生する事が出来るという点においてはApple musicより優れているのではないでしょうか。

3,900円でアルバムを2個購入したと思えるだけの価値をPrime musicに見出す事が出来たのであればAmazonプライムで無い方が、Prime musicだけの為に登録するのもアリだと思います。

Amazonプライムに登録することで、Amazonの使い勝手自体も向上しますし、想像以上にメリットが有るかもしれません。(あくまでも私の主観による想像の域ですが)

まとめ

まだまだこれから成長が見込めるPrime musicですが、Amazonプライムの無料体験をした事がない人は、30日間の無料体験を申し込みしてみるのがオススメです。

30日以内に解約すれば年会費は掛かりませんので、Prime musicに限らず、Amazonプライムの会員特典を使ってみるのも良い機会かと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。