Amazonプライムと楽天市場(あす楽)が便利過ぎる理由

  • 雑誌やインターネットサイトで見つけた商品
  • 街中で見つけた商品
  • こういうアイテムが欲しいという願望(例:珪藻土のソープディッシュ)
  • テレビで紹介された旬な商品(例:お取り寄せグルメ)
  • 発売日に欲しいけど買いにいけない商品(例:DVD・ゲーム等)

ふとした時に欲しい物や試したい物が出てきます。

近くにお店があれば足を運んで買っても良いのですが、有名メーカーの商品やどこでも取り扱ってそうな商品ならまだしも、輸入雑貨や特殊なアイテム、発売したばかりの品の場合、リアル店舗を回っても置いてある保証というのはありません。

それに、お店を回りたくても多忙すぎて全く身動きが取れない・・・

そんな時に頼りになるのがオンラインショッピング(インターネットショッピング)です。

私事ですが、ついこの間まで珪藻土で出来たソープディッシュ探しに奔走していました。

ボディソープから石鹸に変えようと思い、その辺で売っているだろうという甘い考えで珪藻土のソープディッシュを探し始めたのは良かったのですが、どれもこれも陶器やステンレス・プラスティック製のものばかりで、求めているものは見つけることが出来ませんでした。

珪藻土で出来た”バスマット”はLOFTでも百貨店でも売られているのですが、珪藻土のソープディッシュだけは百貨店や雑貨店を探しても全然見つからないのです。(探し方が悪かったのかも知れませんが)

そこでAmazonと楽天市場で「珪藻土 ソープディッシュ」で検索をすると・・・私の求めていたものがものの数秒で発見できました。

近隣を足を運んで探しても見つけることが出来なかったものが直ぐに見つけられる。

これこそが、オンラインショッピングのメリットだと思います。

この”便利”と思えるオンラインショッピングですが、馴染みのない方にとってはインターネットで買い物をする事に対する障壁は決して低い物ではありません。

Amazonと楽天について魅力を語る前に、オンラインショッピングを身近に感じてもらうべく少しだけ内容を整理したいと思います。

オンラインショッピングは危険?不安?

インターネットで物を買うとなると不安な事も多いと思います。

昨今では個人情報の流出などのニュースを耳にしましたし、インターネット上に個人情報を登録するという時点で流出の可能性はどうしても出てきます。

しっかりとセキュリティ対策をしている企業であっても、可能性はゼロでは無いという事です。

私は色んなオンラインサイトで購入を試みて来ました。

所謂ブランドサングラス(詐欺サイト)と言われる所でも、実際に物が届くかどうか試した事があります(もはや人柱ですね・・・)

そして私は日常的にオンラインでもオフラインでもクレジットカード決済をします。

その為か、インターネットショッピングに対する抵抗は相当低いです。

通販サイトの安全レベルの見極め・・・というのは正直なんとも言えないところがあります。

私自身がそれを保証することは出来かねますが、18の頃よりオンラインショッピングを繰り返し使用して来て今この方、何も被害は受けておりません。

以下の内容を心がけることでリスクを下げることは出来ます。
転ばぬ先の杖ですね。

  1. 怪しそうなサイトは使わない
    いわゆる会社の住所や連絡先などの記載の無いサイトや、ブランド物で激安や80~90%オフを謳っているようなサイトは詐欺サイトの可能性が非常に高いです。
    気になった場合は、URLをGoogle等で検索すれば詐欺サイトかどうか調べることが出来ますので、買い物する前には逸る気持ちを抑えて立ち止まって下さい。
    安ければ良いという物ではなく、ある程度のトレードオフが大切です。
  2. クレジット決済が不安な場合は銀行振込/着払い/コンビニ払いで
    クレジットカードがどうしても不安な場合は、銀行振込/着払い/コンビニ払いで購入するのも手です。
    クレジット決済と比べるとどうしても手元に届くのが遅くなったり、宅配BOXでの受け取りが出来なかったりとデメリットはありますが、オンライン上に決済情報を持たないという点が安心に繋がると思われる方もいらっしゃいます。
    ここはご自身のニーズに合わせて使い分けると良いかと思います。
  3. それなりに名前の売れている大きなサイトを使う
    当然でしょう?と言われてしまいそうですが、大事な事です。
    名前が売れていると良い情報、悪い情報が飛び交いますが、利用した人の意見として見ることが出来ますし、それだけ多くの人が利用していると捉えることも出来ます。
    悪い情報だけを見ますと良い所が見えなくなってしまうので、バランスよく見ることが大切です。
  4. クレジットカードの利用明細は欠かさずチェクする(使う人のみ)
    クレジットカード決済をする場合、明細を確認する事で、自分が使用した以外に不正に使用されていないかどうかを調べる事が可能です。
    もし、想定外の利用がされていた場合、クレジットカード会社に連絡を入れてカードを止めたり、不正利用分を取り消ししたり出来ます。

はい、この4つだけです。

シンプルにこれを守るだけで100%とは行かなくてもかなりのリスクヘッジが可能です。

ではそれに該当するサービスとは何になるのかと言いますと。

その1:大手通信販売サイトの「Amazon」

名前位は聞いた事があるという方もいらっしゃるかと思います。

日常品・食料から衣類・本・DVDなどありとあらゆる物を購入する事が出来る通信販売サイトになります。

新品だけに限らず、中古などのリサイクル品も検索して購入する事が出来ます。

出店者は店舗の他に個人でも出店されている場合があります。

Amazon.co.jp(http://www.amazon.co.jp)

こちらは品揃えも豊富ですし、価格もかなり安いです。

 

主にポイント還元というよりは、現金値引きがされていると思ってもらうと分かりやすいと思います。

もちろんAmazonにもAmazonポイントがあり、ポイント還元される商品もありますが、割合としては少ないです。

その2:大手オンラインモールの「楽天市場」

こちらも名前は聞いたことがあると思います。

楽天市場(URL:http://www.rakuten.co.jp)

株式会社楽天が運営している総合オンラインモールになります。

東北楽天ゴールデンイーグルス=これは楽天がオーナーの球団です。
球団を抱えれるだけ規模が大きい会社が運営しているということですので、安心する要素の一つです。

またオンラインモールの先駆けとして歴史も古く、実際に出店する多くのショップはリアル店舗を営んでいるケース事も多く、大手家電量販店のジョーシンなども楽天に店舗を構えています。

リアルとネットが融合されたショッピングモール、それが楽天市場です。

ここでは楽天ポイントが貯まり、価格もポイント還元が前提の価格設定となっている事もしばしばあります。

特にポイント◯倍となっている場合、同一商品をAmazonと比較してみると顕著ですが、ポイント分だけ支払額が高くなる傾向があります。

全ての商品が必ずしもそうではありませんが、ポイントを溜めたい人にはうってつけだと思います。

さて、非常に前置きが長くなりましたが・・・

Amazonと楽天市場なら”そこそこ”安心して良い

何故”そこそこ”なのか・・・?

  • Amazonの場合
    Webサイトの構成および仕組みが玄人向けなところがあります。
    「1-Click購入」など便利な機能があって良いのですが、即座に購入されてしまうため、注意が必要です。
    メールマガジンはオフにしておけば登録した事を忘れさせる位に届かなくなります。
    benri-amazon&rakuten_prime
  • 楽天市場の場合
    楽天市場の場合、作りは割りと初心者向けに作られていますので、迷うこと無く購入まで行う事が出来ると思います。
    ただし楽天市場で注意すべきは「メールマガジン」です。
    設定を誤ると、それこそスパムメールかの如く大量のメールが届く事になります。
    メールマガジンをオフの設定にしていても、商品購入時、メルマガを購読するがデフォルトチェックが入っているため、外すことを忘れるとそれ以降関連するメルマガが届き始めます・・・
    これをメインで使っているアドレスや携帯メールを設定しようものなら、メールボックスがメルマガだけでパンパンになってしまい、大切なメールを見落としてしまう事になります。

はい、なので”そこそこ”と書かせていただいたのはそういう事です。

Amazonも楽天市場も実際に使用するにはアカウントを作成する必要がありますが、メインで使用しているPCアドレスはなるべく使わずにおいておき、Yahoo!メールやGmail等のフリーアドレスを使ってメールを逃がす事をオススメします。

それではそろそろ本題に入ります。

注文すれば直ぐに届く!Amazonプライムのススメ

Amazonのサービスの一つにAmazonプライムという物があります。

これは何かと言いますと、年間3900円(税込)のプライム会員費用を支払うことで、Amazonプライムのサービスが受けられるようになります。

詳細は公式ヘルプをご覧下さい。

受けられるサービスは色々ありますが、ここでピックアップするのは以下の2つです。

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
benri-amazon&rakuten_melit

通常、ネットショッピングで買い物をしますと、決済→梱包→発送→到着と工程がありますので、離島などの遠方を除き大体早くても3日~5日ほど掛かるのが一般的です。

せっかく欲しい!と思ったものをネットで見つけても手元に届くのが遅くなる・・・

私は堪えられません。。。

そこで活躍するのが「お急ぎ便」と言われる配送サービスで、これはプライム対象商品でしか受けることが出来ないサービスになりますが、決められた時間までに注文すれば最短当日~翌日には商品が手元に届く・・・という凄いサービスになります。
(下図の通り◯◯時間以内に注文すれば◯月◯日にお届け出来ると記載されています。)
benri-amazon&rakuten_otodoke

例えば、仕事帰りの夜に気になる商品を見つけて、それがAmazonプライムの対象商品の場合、夜のうちにポチっとすれば、翌日には手元に届くなんて事が可能なのです。
(商品により異なりますので確認してください)

あと、ネットショッピングでは当然荷物を宅急便で送ってもらうわけですから、送料が掛かるのは当然のことだと思いますが、Amazonプライム会員であれば、「お届け日時指定便」の送料が無料になります。

いわゆる指定できうる限りの日に配達する便については送料が無料になると言うことですので、離島などで通常送料が割高になる場合など、年会費を支払ったとしても元を取ることが出来ます。

欲しいものが直ぐに届く「お急ぎ便」と、100円の商品を買ったとしてもそれがプライム対象商品であれば送料無料で手元に届くという物です。

一度使うと辞められなくなりますし、ネットでの購入が捗るため無駄な買い物が増えないように注意が必要です^^;

私はそれほど多くはありませんが、年間20回程度Amazonで買い物をしますので、年会費の元は十分に取れますし、送料無料&お急ぎ便はまさに神サービスだと思っています。

注文すれば翌日に届く「あす楽」が便利

こちらは楽天市場が提供している「あす楽」というサービスになります。

対象商品に限られますが、当日正午までの注文で、翌日に配達してくれるという物で、年会費などは掛かりませんが、商品によっては送料が発生する場合があります。

benri-amazon&rakuten_asuraku

もし翌日に商品が届かなかった場合、何と購入金額の5%分を楽天ポイントとしてキャッシュバックしてくれます。(こちらはキャンペーン等によって左右します)

楽天の場合、Amazonプライムのような会費制で送料無料となる仕組みはありませんが、◯◯◯円以上購入で送料無料というように、一定額購入者に対し、店舗が独自に送料を無料にするサービスを提供している場合がありますので、まとめ買いをする場合などは送料無料にし易いというメリットがあります。

また、当日に届くというような強烈なインパクトはありませんが、通常3日~5日ほど掛かる日数が翌日(2日)に短縮されるというだけでも非常にメリットがあると思います。

私はミネラルウォーター等を100本近くまとめ買いする際に、重たいのでオンラインショッピングで購入します。

定期的に楽天市場を使用する場合、ポイント還元は侮れません。次回購入時にまるまる値引きに使用できるわけですから、スポットでの利用ではなく中長期的に利用することを念頭に入れるのであれば、楽天市場は無くてはならない存在となります。

ポイント還元&まとめ買いで送料無料を考慮する事でAmazonよりも安くなる事もありますので、状況によって使い分けするのがベストだと思います。

まとめ

Amazonと楽天市場、もうまるっきり特性の違う2つのサイトですが、この2つを使い分ける事で、快適にネットショッピングライフを送ることが出来ます。

価格は双方でチェックし合い、ポイントの還元がメリットとなる場合は楽天を使ったり、急ぐ場合はAmazonを使用する。

お互いの良い所を美味しく使わせてもらいましょう!と言うのが今回の記事でお伝えしたかった内容になります。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。