WordPressに対応しているレンタルサーバーの選び方

独自ドメインを取得たら、次はレンタルサーバーです。

Webサーバーを自力で立てられる玄人もいらっしゃいますが、私と同じく無料ブログにするか独自ドメインでブログをするかを悩んでいるレベルの人にとっては、レンタルサーバーを使うほうが遥かに楽だと思います。

レンタルサーバーって何に使うの?

WordPressを使おうとされている方で、この疑問を持つ方は少ない(というかいらっしゃらない)とは思いますが、補足しておきますと、WordPressのアプリケーションをインストールする場所になります。

お店を開く為に、物件を借りるようなイメージです。

WordPressをインストールした後は、取得したドメインにレンタルサーバー会社指定のDNSを設定することで、ようやくWebブラウザからアクセス出来るようになります。
この辺りも追々書いていこうと思います。

前置きが長くなりましたが、WordPressを使うためにはレンタルサーバーを借りなければならないという事です。

レンタルサーバーはどこが良いの?

レンタルサーバーをいざ借りようと思い、検索エンジンで「レンタルサーバー」と検索しようものなら、大量の情報がヒットてしまい、何をどうして良いのかわからなくなります。

検索条件を変更して「レンタルサーバー WordPress」とでも検索をすれば、実際にWordPressを使われている方がサーバーで何をチョイスしているのかをブログで配信してくれていたりします。
また、WordPressを使うにあたってオススメのサーバーが何かを比較しているサイトも多くありますので、これらの情報を参考にされるのも良いと思います。

私が実際に使用していてオススメなのは「さくらインターネット」のレンタルサーバーです。

どうやってレンタルサーバーを決めたのか

  • 独自ドメインとWordPressに対応している
    これは大前提です。
    安いレンタルサーバーは多くありますが、その中には独自ドメインとWordPressに対応していないものも数多くあります。
    値段だけで飛びついて契約すると、実は使えなかったというオチが待っていますので、「機能一覧」や「サービス詳細」はきっちり確認しましょう。
    WordPressのクイックインストールに対応しているレンタルサーバーがオススメです。
  • 国内の企業が提供していてサーバーも国内にある
    最初はそれほど重きを置いていた訳ではありませんが、よくよく調べていると、サポートがメールのみだったり、操作マニュアルが不足していて困ったという言葉も散見されました。
    やはり右も左もわからない状態でWordPressを使い始める訳ですから、リスクヘッジは必要です。
    そこで国内企業が運営しており、メール・電話でサポートが受けられる事を条件にしました。
  • そこそこ容量がある(100GB以上)
    ブログをしていますと、文字だけではなく画像も多用しますので、余りにも容量が少ないと直ぐにパンクしてしまいます。
    その後でのサイト移行や容量アップでの再契約となると無駄な手間が掛かってくるので、私としてはこの辺りを気にせずに運営したいという思いがありました。
    そこで素人のブログ運営でも大丈夫であろう100GB以上を条件にしました。
  • MySQLデータベースが複数作れる(10個以上)
    MySQLって何?というのはさておき、WordPressのブログサイト1つにつき1つのデータベースが必要になります。
    将来複数のブログを作りたいと考えている方はここが重要なポイントです。
    安いレンタルサーバーの場合、MySQLデータベースが1つまでしか作れないといった制限がある場合があります。
    これではブログが軌道に乗って2つ目を展開したい場合に、サーバーの見直しが必要になってしまいます。
    そこで設置可能個数を10個以上を条件にしました。
  • 月額使用料が安い(500円/月以下)
    「安い」という基準は人それぞれですので、なんとも言えませんが、私の場合まだWordPress初心者のひよっこブロガーですので、毎月レンタルサーバーにお金を掛けるのは抵抗があります。
    いくらなら払っても良いかと考えた時に頭に浮かんだのはワンコイン(500円)です。
    一括年払いでも構わないので、一月あたりのコストが500円以下になる事を条件にしました。(サーバーの初期費用は除きます)

以上5項目です。

PV数の多い上位サイトになってくれば、アクティブユーザー数も考慮してレンタルサーバーを決める必要があるのですが、まだまだ始めたばかりのブログですのでそこは条件には入れませんでした。

この条件はあくまでもブログをスタートする時の条件です。

「厳しいのでは?」と思われるかも知れませんが、安かろう悪かろうでは意味がありませんし、高ければ良いというものでもありません。

それに、これから先長く使っていくという前提があるサービスですので、妥協せず無茶は承知で条件を決めました。

その結果・・・

この条件を満たすレンタルサーバーが2つ出てきました。

  • ロリポップの「チカッパプラン」
  • さくらインターネットの「スタンダードプラン」

この2つです。

双方共に、価格も近ければネット上のレビューも上々ですので、お好みでどちらを選んでも良いと思います。

私の場合は、過去にさくらインターネットのライトプランを使用していた事もあって管理画面を見慣れていた為、「さくらインターネット」を選択しました。

個人的にさくらインターネットのコスパと安定感は抜群だと思ってます。

毎月の費用を気にしないという事であれば、高いレンタルサーバーを契約するのも有りですが、自分自身のスキルとPV数は連動するものだと思っていますので、レンタルサーバーも徐々にステップアップさせると無駄な出費は抑えれますし、次にサイト移行と言う知識を得る事に繋がります。

先ずはさくらインターネットのスタンダードプランで耐えられなくなるほどのサイトに成長させること。

これを目標に頑張りたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。