さくらインターネット+お名前.com利用者向け!WordPressのインストール方法

独自ドメインを取得し、レンタルサーバーが準備出来ましたら、WordPressをインストールします。

ここでは私の利用している環境と同じ内容で手順について説明をします。

  • ドメインの設定(お名前.com)
  • WordPressのインストール(さくらインターネット)

別なレジストラやレンタルサーバーをご利用の場合は、あくまでも参考程度に御覧頂けたらと思います。

サーバコントロールパネルを開く

さくらインターネットの会員メニューですが、会員メニューの中に契約情報があり、そこからサーバコントロールパネルを開きます。

メニュー構成が少しややこしいので、慣れが必要です。

  1. 会員メニューにログインします。
    blog-wordpress-install1
  2. 会員IDとパスワードを入力し、「ログイン(認証)」を押下します。
    blog-wordpress-install2
  3. 契約情報から、契約サービスの確認を開きます。
    blog-wordpress-install3
  4. 画面の最下部に、今回契約した「さくらのレンタルサーバー スタンダード」の契約情報がありますので、「サーバ設定」を押下してください。
    blog-wordpress-install4
  5. サーバコントロールパネルが表示されます。
    blog-wordpress-install5

これ以降のレンタルサーバー側の作業はこの画面から行いますので、サーバコントロールパネルのログイン画面(https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/)をブックマークしておく事をオススメします。
blog-wordpress-install6

データベースを作成する

WordPressではブログ用のデータベースが必要です。
データベースを作成とだけ見ると、どれだけ大変な事をするのかと思ってしまいそうですが、基本的に”ほぼ”クリックだけで作業が完了するので、それほど心配しなくて大丈夫です。

  1. サーバコントロールパネル左側メニューの「データベースの設定」を開きます。
  2. 右側にデータベースの設定が表示されますので、「データベースの新規作成」を押下します。
  3. データベース バージョンは初期値のままでOKです。
  4. データベース名は何でも良いですが、シンプルな方がわかりやすくて良いと思います。
    私はWordPressの1つ目のデータベースということで「wp1」としました。
  5. データベース文字コードは必ず「UTF-8」を選択します。
    ※「UTF-8」以外の文字コードを設定すると、文字化け等影響が出るのでくれぐれもご注意ください。
    blog-wordpress-install7
  6. 最後に「データベースを作成する」を押下すれば、データベースが作成されます。

データベースの作成が終わりましたら、次に取得したドメインをサーバーに設定します。

独自ドメインを設定する

「お名前.com」で取得した独自ドメインを、さくらインターネットのレンタルサーバーで使えるように設定して行きます。

この作業を行わないと、WordPressをインストールをする時に選択するドメインリストに取得したドメインが表示されません。

  1. サーバコントロールパネル左側メニューの「ドメイン設定」を開きます。
  2. 右側にドメイン一覧が表示されますので、「新しいドメインの追加」を押下します。
    ※既に「hibikiji.com」が追加されているのは設定後のスクリーンショットを使っているからです。(追加しないとこの一覧には表示されません)blog-wordpress-domain-setup1
  3. 「ドメインの追加-項目」が表示されますので、5番目にある「他社で取得したドメインをいかんせずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」まで画面をスクロールさせ、「ドメインの追加へ進む」を押下します。
    blog-wordpress-domain-setup2
  4. 「他社ドメインの追加-項目」が表示されますので、取得したドメインを入力し、「送信」を押下します。
    blog-wordpress-domain-setup3
  5. 「ドメインの追加-確認」が表示されますので、間違い無ければ「送信」を押下します。
    blog-wordpress-domain-setup4
  6. これで、ドメインの追加は完了ですが、本工程はまだ終わりではありません。
    独自ドメインを設定する>手順4のドメイン名入力の下に※印で注記が書いてあったのをお気付きでしょうか。
    レンタルサーバー側と同じように、ドメイン側も設定変更をする必要があります。
  7. お名前.com(http://www.onamae.com/)にアクセスし、画面右上の「ログイン」からドメインnaviにログインします。
  8. ドメインnaviにログインしましたら、左側メニューの「ネームサーバーの変更」を開きます。
    すると、「ご登録情報に変更・相違はありませんか?」と確認ダイアログが表示されますので、青色の「登録情報は正しいので、手続きを進める」を押下します。
    blog-wordpress-domain-setup5
  9. 対象のドメイン名にチェックを入れ、「他のネームサーバーを利用」を押下すると、プライマリネームサーバー/セカンダリネームサーバーを入力するフォームが表示されます。
    プライマリネームサーバーに「ns1.dns.ne.jp」
    セカンダリネームサーバーに「ns2.dns.ne.jp」を入力し、「確認画面へ進む」を押下します。
    blog-wordpress-domain-setup6
  10. 確認画面が表示されますので、問題なければ「設定する」を押下します。
    blog-wordpress-domain-setup7

これで、ドメイン側の設定は完了になります。
さくらインターネットのサイトにも記載があるとおり、DNSの設定反映には時間が掛かります。
概ね初期ドメインのDNS情報が反映するまで数時間~最大2日程度と言われています。

私が今回設定した時は3時間程で反映してくれましたが、気長に待つ必要があります。

その間にもやる事はまだまだあります。

WordPressをインストールする

WordPressのインストールと言っても、こちらも複雑な作業をする必要はありません。

さくらインターネットのレンタルサーバーには「WordPressのクイックインストール機能」が備わっているからです。

つまりこれがあると特別ファイルをダウンロードしてくる必要もなく、サーバコントロールパネルだけで作業が完結します。

  1. さくらインターネットのサイトに戻ってきましたら、サーバコントロールパネル左側メニューの「クイックインストール」を開きます。
  2. 右側にクイックインストールのカテゴリが表示されますので、「ブログ」を選択します。
    blog-wordpress-install8
  3. ブログを選択すると、インストールメニューが表示されますので「WordPress」を選択します。
    blog-wordpress-install9
  4. WordPressのインストールが表示されますので、「ライセンス、インストール規約(免責事項)、注意事項の内容に同意する」にチェックを入れ、インストール先のパスを入力し、データベースパスワードを入力しましたら「インストール」を押下してください。
    ※接続語を変更する必要はありません。
    blog-wordpress-install10
  5. 正常に動作が完了しましたら、WordPressインストール完了と表示されます。
    次に「アプリケーションの設定へ進む」を押下します。
    blog-wordpress-install11
  6. WordPressのインストール画面が表示されます。
    先ほどの作業はクイックインストールで、こちらがWordPressの管理画面をオープンする為の初期設定になります。
    上から順番に必要事項を入力し、「WordPressをインストール」を押下します。
    blog-wordpress-install12
  7. 成功しました!と表示された画面が表示されたらインストール完了です・・・
    と言いたい所ですが、あと1箇所だけ、設定変更をしなければならない場所があります。
    それはWordPressをインストールする>手順4で設定したインストール先が関係しています。
    WordPressはxxxx.comの直下では無く、xxxx.com/yyyyにインストールしました。
    その為、インターネットブラウザにhttp://xxxx.comと入力してもそこにページが無いと言うエラーが返ってきてしまいます。
    これを解消する為に、「http://xxxx.com/でアクセスされた場合は、http://xxxx.com/yyyyを参照しに行く」と言う設定をする必要があります。
  8. サーバコントロールパネル左側メニューの「ドメイン設定」を開きます。
    ※ドメインを新規追加した画面と同じ画面です。
  9. 下図にはパスに「/test」とありますが、まだこの画面で設定をしていなければ「-」が表示されていると思いますので、右側にある「変更」を押下します。
    blog-wordpress-domain-setup8
  10. ドメイン詳細設定が表示されますので、「マルチドメインとして使用する(推奨)」にチェックを入れます。
  11. 次に指定フォルダに値を入力します。
    ここで入力する値は、「WordPressをインストールする>手順4で入力したインストール先」を入力します。
  12. 「共有SSL、SNISSLを使用しない」にチェックをいれます。
    blog-wordpress-domain-setup9
  13. 入力内容を確認し、問題なければ「送信」を押下します。
  14. 私の場合手探りで設定をしていたら結構時間が経っていましたので、この時点でドメインの設定とDNSが反映していました。
    その状態でhttp://xxxx.comにアクセスすると、「Hello World」と書かれた画面が表示されます。
    blog-wordpress-hello-world
  15. おめでとうございます!そして大変お疲れ様でした。

これでWordPressは無事にインストールされ、取得したドメインでアクセス出来るようになりました。

画面左下の「ログイン」を押下すると、WordPressの管理画面にログインできますので、ブログの投稿やデザインの変更などはこの先の画面で行います。

まだ設定が反映していないけど、早く管理画面に行きたい!という人は、http://xxxx.com/yyyyでアクセスすれば「Hello World」の画面を表示する事ができます。
※xxxx.comは取得した独自ドメイン、yyyyはWordPressのインストール先

まとめ

これでようやくWordPressブロガーへの仲間入りが出来たわけですが、まだ初期設定のまま、これから後は自分好みの設定にしていくという大掛かりな作業が待っています。

当ブログでも私が行った設定やプラグインの事など、これから少しずつ記事にしていこうと思っています。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。