成田空港第1ターミナルでスーツケースのキャスターを修理交換する方法

海外旅行用に使う大きめのスーツケースは荷物もかなりの量が入りますので、出国時はともかくとして、帰国時には土産なども入れると20kgまで膨れ上がっている事もしばしば。

そんなスーツケースのキャスターにはかなりの負荷が掛かっています。そして、スーツケースのキャスターの破損は、ある日突然訪れます。

頻繁に旅行をしている人であれば、キャスターの状態にも気を配っていると思いますが、我が家は数年に1度くらいしかスーツケースを使用しない為、キャスターの状態を確認するという事すらしていませんでした。

その結果、まさかの出国当日にスーツケースのキャスターが壊れてしまう訳ですが、今回はそんなスーツケース「あるある」についてお届けします。

スーツケースのキャスターは突然壊れる

先月、たまたま家族で海外へ行く機会があったのですが、空港まで行く過程で妻のスーツケースのキャスターが突然壊れるという事態に見舞われました。

自宅~最寄駅までゴロゴロ転がしていた時も快調で、新幹線に乗り東京駅で降りたときも何事もありませんでした。しかし、成田エクスプレスに乗る為に駅のコンコースを転がしていたときに「バキン!」という音と共にキャスターの1つ割れてしまったのです。

最初は1つだけ壊れただけでしたが、結局駅の中を転がり回した結果、成田空港に到着した時点で、4輪キャスターのうち3つが壊れていました。他のキャスターに余計な負荷が掛かって壊れたんだと思います。

流石にキャスターが3つも壊れている状態では、まともに転がすのも困難な状態ですし、持ち上げて運ぶにしても17kgという重さは現実的ではありません。

この状態で、海外へ渡航するのは余りにも厳しいと判断し、急遽ではありますが成田空港でスーツケースの修理が出来るお店を調べることにしました。

成田空港のフロアガイド(案内冊子)には載っていない

(引用:成田空港HP

成田空港のB1F~5Fまでのフロアガイド(案内冊子)、アナログの案内図、タッチパネルの電子案内板の何れにも「スーツケースの修理」に関する情報は載っていませんでした。

困ったときこそWebで検索だ!と思い立って、Googleで調べて見たのですが、調べ方が悪かったのかピンポイントで欲しい情報に辿り着く事が出来ませんでした。

実際、旅行前にスーツケースのキャスターが壊れるなんて別に珍しいことじゃ無いだろうし、絶対どこかにサービスがあるハズだ、という事で、有人のインフォメーションカウンターで、「スーツケースのキャスターが壊れたから修理したいけどどうしたら良いのか」を訪ねてみました。

すると、スーツケースの修理を専門に扱うショップは入っていませんが、成田空港第1ターミナルの場合、B1Fにある靴とカバンのリペアサービスの「リアット!(Riat!)」というお店があるので、そこで相談してみて欲しいと言われました。

(引用:成田空港HP

今より状況が悪化する事はまず無いので、藁をもつかむ思いで、お店まで足を運びました。(スーツケースは壊れて転がらないので、空港内で使うカートに乗せて大移動です。)

靴とカバンの修理屋さんリアット!(Riat!)の裏メニュー!?

リアット!(Riat!)は京成線およびJR線の改札を出たB1Fフロアの右手側にあります。
お店の前まで来て、パッと見える範囲にあるサービスメニューを確認しましたが、スーツケースの修理という項目は見当たりませんでした。ただ店先には「インポートブランドバッグ修理承ります」という文字が書かれていますので、期待出来そうな感じです。

スーツケース=バッグと捉えるのはやや強引な気もしますが、思い切って「スーツケースのキャスターが壊れたんだけど、修理できますか?」と訪ねてみたところ「確認しますね~」と実際に壊れたスーツケースを直ぐに見てくれました。

修理可否の判断理由は定かではありませんが、今回は「修理可能」との回答をいただけました。

修理に掛かる時間と費用は?

  • キャスター1つの交換につき20分ほど掛かる(お店の混み具合による?)
    ある程度時間が掛かる覚悟をする必要があります。出国手続まで30分を切っている状態とかだと正直厳しい場合も出てくると思いますが、足を運んで要相談が一番だと思います。
  • キャスター1つの交換につき2,500円(税込)が掛かる
    部品代+工賃でそこそこの値段になります。妻のスーツケースと違って、私のスーツケースは楽天市場で9,000円で購入したものになりますので、その場合だと購入時の価格よりも修理代の方が高くなってしまいます。そのような状況であるならば、究極の選択を迫られる事になります。

キャスターを中途半端に交換をすると、また他にガタが来そうな気がしたので、4つとも交換して欲しいと依頼しました。そしたら何とタイミングが良かったのか、40分後に取りに来て貰えれば大丈夫と言っていただけました。

本日出国手続きをする話をしたので、もしかすると急ぎで対応してくれたのかも知れません。

修理後のスーツケース

修理前の写真を撮り忘れたので、修理後の写真になりますが、4輪とも新品に生まれ変わりました。心なしか元々着いていたサイズよりも大きめのキャスターで、段差でも割とスムーズに転がるようになりました。

スーツケースの修理が初めての経験のため、他のショップでも対応が同じかはわかりかねますが、一般的なボルトとナットが表に見えるようになりましたので、自分自身で補修部品を購入しておけば、特殊な工具が無くても家でも簡単に交換出来るようになりました。

 

まとめ

この度、スーツケースのキャスターが壊れるという「あるある」にに直面した訳ですが、出国当日にこのを経験すると結構焦ります。

私は、まず何でもWebで情報収集をするのですが、焦っている時の調べ物に限って、欲しい情報が直ぐに出てこなかったりします。また、成田空港のHPに至ってはMVNO環境(freetel SIM)ではスマホでまともに閲覧する事も出来ず困りました。(大手3キャリアだったら快適だったかも知れません)

そんな時は、焦らずに有人のインフォメーションカウンターに行きましょう。フロアガイドを見ても載っていないのであれば、人に尋ねるのが一番です。

インフォメーションカウンターで知らないと言われてしまうと諦める他ありませんが、少なくとも、毎日空港利用者を相手にしている訳ですから、知識と情報量はWebで調べるよりも早くて確実です。

実際、靴の修理屋さんでスーツケースのキャスターを交換をしてもらえるなんて情報は、聞かなければ知り得ない情報だった訳ですから、何でもスマホで調べれば良い訳じゃないなと改めて思いました。(ちなみに成田空港HPではリアットのサービス内容はキャスターの油差しとまでしか書かれていません。)

(引用:成田空港HP

今回は第1ターミナルでの出来事でしたが、同様に第2ターミナルにある、リペアサービスでも同様に対応してもらえる可能性は高いと思います。

有人のインフォメーションカウンターで聞いてみるか、直接リペアサービスのお店に問合せてみてはいかがでしょうか。もしかするとその「修理」何とかなるかも知れません。

今回のスーツケースの修理代については、海外旅行保険(私の場合はクレジットカードの自動付帯)の携行品損害に該当すれば、保険から戻ってくる可能性もあると、「リアット!(Riat!)」の店員さんが丁寧に教えてくれました。こちらは一度クレジットカード会社に確認したいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。