今話題のPokémon GO(ポケモン GO)についてまとめてみた

昨今、世界的にもニュースで話題になっている「Pokémon GO(ポケモン GO)」ですが、一体どのようなサービスなのでしょうか。

私も興味があり、事前予約の登録をしています。ただし世界のニュースで取り上げられている、Pokémon GO(ポケモン GO)に関するニュースを見ていると、我々プレイヤーとして気を付けなければならない点や守るべきマナーが見えて来ます。

ゲームの概要と共に、そのあたりを整理したいと思います。

※2016/7/22 10:42現在 日本でのサービス開始に伴いアプリのダウンロードが出来るようになりました。(Android版/iOS版共に)

そもそも「Pokemon(ポケモン)」とは

mobile-app-pokemongo-matome-ball

ポケットモンスター(略称:ポケモン)は今から遡ること20年前の1996年2月27日に、ゲームボーイ専用のゲームソフトとして発売されました。

RPG(ロールプレイングゲーム)としては主人公が戦うのではなく、手持ちのモンスターを成長させて戦わせる、死という概念がなく瀕死である、バトルにおいてはスポーツマンシプとも言える潔さがあるなど、子供に取って健全なイメージを持てる内容になっています。

また、赤と緑の2色のROMが発売され、それぞれ異なるモンスターが出現するようにし、データ通信による交換でポケモン図鑑を完成させたり、データ通信で友達のモンスターとバトルしたりと、1人ではなく複数人でも楽しめるなど、当時では斬新な要素が盛り込まれていました。

プレイヤーはポケモントレーナーになり、仮想現実世界を周りながら全国のポケモンジムのトレーナーを倒し、最終的にはポケモンリーグのチャンピオンを倒すというのが大まかなストーリーです。

私も20年前、ポケットモンスター赤をお小遣いで購入し、最終的には赤と緑を自前のゲームボーイ2台で1人交換を始めるなど、購入から3年位やり込んだのを覚えています(確かプレイ時間も4桁まで行っていたと思います。)

Pokémon GO(ポケモン GO)とは

ポケモン、Niantic、任天堂の3社による共同開発のAndroid OS、iOS上で動くスマートフォンアプリ(スマホゲーム)です。

ゲームボーイから始まったポケモンも、時代の流れに合わせて姿を変え、20年目という節目にスマートフォンアプリとして新しく生まれ変わりました。

まさにポケモンで言うところの「進化」と言えますね。

Pokémon GO(ポケモン GO)は2016年7月6日に、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ合衆国で先行リリースされると、アメリカのAppStoreランキングで1位を取るなど、ユーザーからの圧倒的な支持を得ています。

日本では2016年の3月にフィールドテストの募集を行っていたようですが、私はまったく知りませんでした。

Pokémon GO(ポケモン GO)の仕組みは

Nianticが開発した「Ingress」という拡張現実(AR)を使った位置情報ゲームをベースに開発されています。

拡張現実・・・という意味不明な言葉が出てきていますが、要はスマートフォンの画面を通して、現実世界と重なる別な世界(パラレルワールドのようなイメージ?)を冒険する事が出来るゲームという訳です。

時間軸はリアルな時間軸なので、時空云々・・・という細かい事を言い始めるとパラレルワールドという説明は的外れなのですが、実際スマートフォンを通して、現実世界と重なる別な世界を冒険できるというのは、大人・子供に関係なく冒険心を掻き立てられるのは間違いありません。

どうやって遊ぶの?

現実世界のとある建物がジム(ポケモンジム)に割当られていたり、ある住所にのみレアモンスターが出現するなど、ゲームの中の世界と現実の位置情報がリンクしていますので、スマートフォンのGPS機能を使ってプレイします。

スマホゲームの一つに、GPSを使って全国各地の国盗りをする「ケータイ国取り合戦」というものがありますが、その中の拡張サービスに「鷹狩り」という位置情報を使ってレア鷹を捕獲するというゲームがあります。

この「ケータイ国盗り合戦」および「鷹狩り」はあくまでもシングルプレイに重きを置いているゲームになっていますが、Pokémon GO(ポケモン GO)の場合は、拡張現実(AR)で同じくPokémon GO(ポケモン GO)をプレイしている人(ポケモントレーナー)と、モンスターの交換やバトルをしたりするなど、よりリアルとの繋がりが深いゲームと言えます。

ポケモンはゲームボーイの時代から、1人でゲームに集中するのではなく、友達とバトルをしたり、モンスターを交換したりしながら、一緒に冒険を楽しむと言った横との繋がりを大切にしており、今回もその姿勢を崩していません。

プレイ料金は?

基本プレイは無料の一部アイテム課金制という、いわゆる最近のスマホゲームと同じ形式を取っています。

ポケモンはモンスターボールと言われるアイテムで野生のモンスター捕獲する訳ですが、モンスターが強ければ強いほど、モンスターボールで捕獲する際の成功率が下がります。

特に伝説のポケモンと言われるレアモンスターになると、安いモンスターボールでは役に立たず、マスターボールなどの最終兵器を使うことが求められました。

よって、今回も高レアのモンスターは課金アイテムを使わないと捕獲する事が困難・・・と言った仕様が盛り込まれるのだと思います。

Pokémon GO(ポケモン GO)の注意点

mobile-app-pokemongo-matome-attention

本ゲームのベースになっているのは、Nianticが開発した「Ingress」というゲームですが、この「Ingress」では色々な問題点が浮き彫りになっており、注意喚起がされていますので、Pokémon GO(ポケモン GO)をプレイする前に知っておく必要があります。

プライバシーに注意

「Ingress」では位置情報を使用してプレイしますので、GPSだけを頼りにプレイしていると、知らぬ間に私有地に不法侵入して通報されたり、リアルで見知らぬプレイヤーに突然接触されたり、プレイヤーの位置がリアルタイムで表示された事から職場バレをしたりと・・・プレイヤー自身のプライバシーが駄々漏れになるなどの事件が実際に起きています。

この辺りがPokémon GO(ポケモン GO)でどのように改善されているのか、回避策はあるのかが気になるところではありますが、自身のプライバシーならびに他人のプライバシーを侵害しないよう、特に下記の点に注意してプレイするようにしましょう。

  • いくらポケモンや施設があるからと言って、立ち入り禁止区域や私有地への不法侵入は行わないようにしましょう
  • スマホの利用を禁止している場所でのポケモンの捕獲は絶対に止めましょう
  • 「Ingress」同様、出会いを目的としたアプリではありませんので、見知らぬプレイヤーへのリアルで突然接触するなどの危険な行為は行わないようにしましょう

歩きスマホに注意

スマホの画面を通して仮想現実(AR)を見るので、画面を見たままGPSを頼りに歩みを進めるなど、没頭し過ぎるが故に歩きスマホをついついしてしまいそうになるゲームです。

このゲームに限った話ではなく、歩きスマホは大変危険です。歩きスマホによる事故も近年急増していますし、最近では歩きスマホだけでなく自転車スマホなどの危険行為をしている人も居ますので、モンスターと遭遇する前に事故と遭遇し、取り返しの付かない事にもなりかねません。

ポケモンの世界では我々プレイヤーはスポーツマンシップある健全なポケモントレーナーとして行動する事になっています、ところが現実世界でルールを守らず好き勝手して良いかと言うとそういう訳ではありません。

現実でもポケモントレーナーとしてルールを守ってプレイする事こそが大切なのです。

自分自身だけの問題だけでなく、他人を巻き込んだ大事故になる恐れもあるという危機感を持ち、自分だけは大丈夫だという根拠の無い自信は捨てて、マナーを遵守し周囲に目を向ける心の余裕を持ちましょう。

Pokémon GO Plusとは

mobile-app-pokemongo-matome-plus

引用元:http://www.pokemon.co.jp/

Pokémon GO(ポケモン GO)をプレイするにあたり、歩きスマホを防止する為のアイテムとして、任天堂がPokémon GO Plusという専用デバイスを販売します。

これはBluetoothでAndroidやiPhoneと接続することで、近くにポケモンを発見したり、トレーナーとのバトル等のゲーム情報を、本体内臓のバイブレーションと光で知らせてくれます。

つまりスマートフォンの画面に張り付いていなくても、ここぞというタイミングで通知してくれるようになります。

また、興味深いのはこのPokémon GO Plusのボールデザインの中央にあるボタンを押すことで、ポケモンを捕まえる事も出来るようで、きっと二度押しや長押しなどで特定の操作を割り当てるといったような事が出来るようになるのだと思います。

別売りのデバイスになりますので当然購入にはお金が掛かりますが、Pokémon GO(ポケモン GO)を安全に快適に楽しむアイテムとして、注目が集まるアイテムです。

まだ具体的な発売日は7/22時点では決まっていないようです。

まとめ

※7/22 10:42時点、日本で正式サービスが開始されたのを確認しました。

初代のポケットモンスター赤・緑を知る世代から、今の世代まで幅広いユーザー層にウケるゲームだと思います。

リアルタイム性をゲーム側が求め過ぎると、イベントの乱発などでユーザーが疲弊してしまいますが、このPokémon GO(ポケモン GO)がどんな感じでスタートするのか非常に気になる所です。また子供もターゲットにしていると思いますので、なるべく無課金でも楽しめるような内容になっていると良いですね。

アプリは下記のURLよりダウンロード出来ます。OSに合わせてダウンロード下さい。

google-play-badge_jaappstore-badge_ja

またポケモン GOをプレイしてみ他感想などをレビューしたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。