電車遅延・運休・乗換・乗り過ごし時に役立つスマホアプリ5選

台風シーズンが到来すると、駅に到着してから電光掲示板を見て、一喜一憂する日が訪れます。昨今は台風に限らず、ゲリラ豪雨によりダイヤが乱れたりする事もあるので、この限りではありません。

朝の通勤時間帯で電車遅延や突然の運休が発生すると、かなりのタイムロスになりますし、仕事に影響が出てしまうこともありますので、出来ることならば情報は早めに把握しておくに越した事はありません。

今回は私が実際に使ってみて、普段の乗換案内検索や、列車の遅延・運休時、乗り過ごした時に役に立ったアプリについて紹介したいと思います。

(注:筆者はiPhoneです)

乗換案内/運行情報系アプリの活用方法

本題のアプリ紹介に入る前に、乗換案内/運行情報関係のアプリを使うにあたり、私なりの活用方法を2つお伝えしたいと思います。

あくまでも自己流なので、万人受けするものでは無いかも知れませんが、アプリ選択に悩まれている方がいらっしゃったなら、ひとつ参考にして頂ければ幸いです。

Tips1:アプリは複数インストール

電車遅延・運休の情報を入手するアプリは乗換案内アプリの他、各交通機関が提供しているアプリがあります。それらは種類にすると結構な数が出回っていますので、どのアプリを使うかを悩んでしまいそうになります。

しかし、私は使うアプリを限定するのではなく、複数のアプリをインストールして、それぞれの「美味しいところ」を使う方法をおすすめします。

複数のアプリを入れるとなると、スマホ本体にインストールするだけの空き容量を確保しておく必要がありますが、その条件を満たすことが出来るのであれば、これほど効率が良い事はありません。

何故なら、経路検索の機能ひとつとっても、アプリの使い勝手の良し悪しの感じ方は人それぞれ違いますし、各社も差別化を図るためにオリジナルの機能を取り入れていたりと、少しずつ違いがありますので、足りない機能は別のアプリで補うというのが一番効率が良いのです。

Tips2:無料で済ませる

乗換案内アプリの場合、有料会員のオプションが設定されている事が多く、有料会員登録をすることで、使える機能が多くなるというメリットがあります。

また、各社は乗換案内自体を無料のアプリとして提供していますが、無料でアプリを提供している会社の主な収入源はアプリ上に表示される広告による収入です。当然ですがアプリの画面には広告が表示されますので、これを消すには有料オプションの購入が必要な場合があります。

有料会員になるとそのアプリ内で使える機能が追加されるのですが、実はあるアプリでは有料会員にならないと使うことが出来ない機能が、別のアプリでは無料会員で使うことが出来る事があります。

Tips1でも書いていますが、複数のアプリを使い分けたい理由の一つはこれです。

例)ジョルダンの乗換案内は定期代検索は有料会員(Plusチケット)になる必要がありますが、ヴァル研究所の駅すぱあとは、無料会員さえ登録しておけば経路検索の結果から定期券情報を閲覧する事が出来るのです。

有料会員の料金は月額200円~500円が相場ですので、決して高いわけではありませんが、同じ機能をアプリを切り替えるだけで無料で使えるならそれに越した事はありません。

節約したお金でプレゼントでも買って帰ったほうが家庭も平和になると言うものです。

乗換案内/運行情報系おすすめアプリ5選

交通系の情報アプリは普段の乗換案内検索の他、運行情報の収集、乗り過ごし時のタクシー料金の検索と、TPOに合わせて使いたい機能が分かれてきます。一つのアプリだけですべてを賄うのは不可能ではありませんが、使い勝手の問題は人それぞれですので、一番効率が良いとは言えません。

Tips1で複数のアプリをインストールする事をおすすめしましたが、私が今使っているスマホアプリを、おすすめの理由を交えつつご紹介したいと思います。

その1:駅すぱあと

ヴァル研究所が提供する、有名アプリです。

ヴァル研究所自体は自社で通勤費管理システムを開発・提供しており、Web上の無料経路検索のデータベースに駅すぱあとが採用されていたりと、駅すぱあとならではの安心感があるアプリです。

私のメインアプリはこれです。

おすすめポイント

  • 無料の会員登録(val ID)をするとMy時刻表が使える。
  • 無料会員登録は、メールアドレスの他、facebook/Twitter/Google+のアカウントで即登録可能
  • アプリ全体のUIが丸く優しい感じで見やすい
  • デフォルトが青白基調のデザインで万人受けする
    (色は好みに合わせて数種類の中から変更可能)
  • 経路検索結果に乗り場ホーム番号が書かれているので乗換し易い
  • 経路検索結果の詳細に、これから停車予定の駅の発着時刻が書いてある
  • 定期券情報が検索できる
  • My運行情報で、自分に関係のある運行情報が直ぐにわかる

日々記事ワンポイント!

無料で使える範囲(無料会員登録含む)の機能がかなり完成されている印象を受けます。

無料会員登録をすると解放されるMy時刻表の機能が便利なので、良く使う駅やバス停の上り下りの時刻表を事前に登録しています。駅すぱあとの時刻表は電車の発車時間を見るだけではなく、1駅ごとの発着予定時刻を見ることが出来ます。

例えば、通常の乗換案内では調べる事の出来ない、各駅停車に乗り続けたら一体何時に目的の駅に着くのか・・・といった場合に、時刻表から簡単に調べることが出来ます。

乗換案内(ジョルダン)も無料で1駅ごとの発着時刻を確認できますが、ナビタイムのアプリはプレミアムコースに登録しないとこの機能を使うことが出来ません。

また、駅すぱあとは経路検索結果から定期券情報を見ることが出来ますが、この機能は、乗換案内(ジョルダン)の場合、有料会員にならないと使うことが出来ないので、使い分けをしてみてはいかがでしょうか。

ダウンロードはこちら

[iOS]駅すぱあと – バスの時刻表や路線図の検索もできる乗換案内 – Val Laboratory Corporation

Google Play で手に入れよう

その2:乗換案内(ジョルダン)

ジョルダンが提供する、こちらも有名アプリです。

「乗換案内」といえばジョルダンというくらい有名で、NECやVAIO等のWindows95搭載マシンを初めて買う時に、プリインストールの一覧でジョルダンの乗換案内が同梱されていたイメージが強いです。

おすすめポイント

  • 無料の会員登録(JID)をするとMy時刻表が使える
  • ジョルダンライブによる、利用者間の運行情報リアルタイム共有
  • 「ここから自宅」機能で、どこにいてもワンプッシュで自宅までの経路を検索可能
  • 経路検索結果からタクシー料金の表示
    (ここから自宅と合わせると便利)

日々記事ワンポイント!

無料で使える機能の「ここから自宅」の機能は、駅すぱあとの「酔っ払いモード」と類似の機能になりますが、駅すぱあとは有料会員にならないとこの機能を使うことが出来ませんので、無料で使える乗換案内との使い分けになります。

また、経路検索結果からタクシー料金のシミュレーションをする事が出来ますので、終電後や電車が止まった時にどうしてもタクシーを使わないといけない場合、高額なタクシー代にビクビクしてメーターとにらめっこをする必要はなくなります。(あくまでも目安なので、交通状況により誤差は生じますが、こんなに掛かるのか・・・という心構えは出来ますよね)

ジョルダンライブの機能は、利用者間でリアルタイムに運行情報を共有可能な機能で、生きた情報を得るのに一役買ってくれます。(Twitterのハッシュタグでも良いかも知れませんね)

乗換案内は有名なアプリですが、私がメインで使っていない理由は2つあります。一つはものすごく個人的な理由ですが、画面のUI(色調)がグレー+オレンジの暗い感じかつ、カクカクしたデザインのため、堅苦しい印象を受けるからです。

もう一つは、経路検索結果の履歴保存が無料だと1件(有料だと50件)しか使えないので、履歴から遡っての検索では駅すぱあとに軍配が上がります。

ダウンロードはこちら

[iOS]乗換案内 – Jorudan Co.,Ltd.

Google Play で手に入れよう

その3:乗換NAVITIME(乗換ナビタイム)

ナビタイムジャパンが提供する、携帯・スマホに特化したアプリです。私だけかも知れませんが、フィーチャーフォン時代(Ezweb)のナビアプリと言えば、ナビタイムという印象が強いアプリです。

ナビタイムのアプリは乗換案内だけではなく、ルート検索や、カーナビアプリなど、目的ごとにアプリが用意されている印象です。

おすすめポイント

  • 経路検索結果に混雑予報が表示されている

日々記事ワンポイント!

ナビタイムは無料で利用できるアプリですが、何かと有料会員じゃないと恩恵に預かれないアプリになっています。

駅すぱあと(ヴァル研究所)と乗換案内(ジョルダン)が優秀なので、殆ど目立つ機能はありません。

ここで迂回ルート検索をナビタイムが無料で開放してくれれば、乗換案内アプリ3強になると思いますが、なかなか難しいのだと思います。

ナビタイムアプリの使い方としては、一部鉄道のみですが、時刻表から混雑予報を知ることが出来ますので、体調が悪く、混雑した車内をなるべく避けたいなど、空いている時間帯の車両を探す場合に、有効活用出来そうです。

ダウンロードはこちら

[iOS]乗換NAVITIME(乗換ナビタイム) – NAVITIME JAPAN CO.,LTD.

Google Play で手に入れよう

その4:JR東日本/JR西日本 列車運行情報

JR東日本とJR西日本がそれぞれ提供している列車運行情報を確認するアプリです。

JR沿線に住んでいない人には無縁かも知れませんが、仕事で出張移動となると、JRを使う頻度は上がります。

特に西日本は東日本と比べ、JRがカバーする範囲が広いので、JRが止まると移動手段がタクシー以外になくなってしまう場合もありますので、入れておくと安心です。

おすすめポイント

  • 本家本元だけに情報が早い
  • 各社のWebサイトで確認する手間が省ける
  • 路線登録機能で知りたい情報だけプッシュ通知してくれる
    (プッシュ通知をしない時間帯の設定も出来て便利です)

日々記事ワンポイント!

私の場合、通勤時間が1時間40分と長いため、JRが遅延・運行停止となった場合の影響が非常に大きいです。運行情報を早めに把握して、振替輸送のある駅で降りるなどの対策が早めに取れないと、最悪家に帰れない状況にもなってしまいます。

このアプリを入れてから、遅延が発生したら直ぐに通知が来るようになったので、早めに仕事を切り上げるなどの対策が出来るようになりました。

台風が到来すると、JR西日本は高頻度で遅延・運行停止が発生するので、このアプリに助けられています。

ダウンロードはこちら

[iOS]JR東日本 列車運行情報 プッシュ通知アプリ – East Japan Railway Company

Google Play で手に入れよう

[iOS]JR西日本 列車運行情報 プッシュ通知アプリ – West Japan Railway Company

Google Play で手に入れよう

その5:全国タクシー

JapanTaxi株式会社が提供する、タクシーの配車アプリです。

全国47都道府県に対応しており、提携タクシー会社も順次拡大中。タクシー配車アプリと言えば「全国タクシー」な位に便利です。

これだけ、列車の乗換案内や運行情報とは異なりますが、有事の際の交通手段を確保する時の1つの手段として、入れておいて損が無いアプリです。

おすすめポイント

  • 地図上で乗車位置を簡単設定
  • 時間指定で予約手配が可能
  • 目的地までの目安の料金が検索出来る
  • 一部タクシー会社はネット決済が可能

日々記事ワンポイント!

地図上での簡単配車は使ってみると非常に便利です。特にタクシーを呼びたい時に、タクシー会社の電話番号を検索して、どこに来て欲しいという連絡をして・・・と、非常に面倒です。

特に旅先で土地勘もない状態でタクシーを呼ぶ場合、何を目印にすれば良いかもわかりませんが、このアプリだと地図上で場所を指定するだけなので、煩わしい説明は不要。(ただし目的地はタクシーに載ってから今一度、伝える必要があります)

クレジットカード情報をアプリに登録しておけば、対応しているタクシー会社ならネット決済が可能。煩わしい小銭の準備が不要なのでスマートにタクシーを使いこなせます。

ダウンロードはこちら

[iOS]全国タクシー – JapanTaxi Co.,Ltd.

Google Play で手に入れよう

まとめ

アプリ◯選!ベスト◯のような形式でのアプリ以外の紹介は初めてですので、どのように記載すれば、伝わりやすいかを思考錯誤しながら書きましたので、今迄の記事と雰囲気が違うかも知れません。

今回紹介した5つのアプリはいずれも知名度の高いアプリになりますので、既に使われている方も多いと思いますが、もし無料で使える機能を有料で使っているというような事があれば、節約出来る可能性があるということで、今回記事をまとめて見ることにしました。

また、今回は有料会員向けの機能には触れませんでしたが、乗換案内アプリの真骨頂とも言える「迂回ルート検索」については、有料会員向けのサービスのみで、無料で使えるアプリは今時点ではありませんので、どのアプリを有料化して迂回ルート検索の機能を使うのかは悩ましいところです。もしもの時に1ヶ月だけ契約するのも手ですね。

無料機能・有料機能は各社で大きく違っていますので、これを機にメインアプリの見直しをするのも手では無いでしょうか。気分転換になるかも知れません(*^^*)

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。