2回目の保証交換!LIFEPROOF nuud for iPhone6がマイナーチェンジしていた件

実はブログの休止期間中、前回LIFEPROOF CAREで交換したケースがまたしても壊れてしまいました。

壊れ方は前回と全く同じで、電源コネクタキャップのツメが折れてしまうというものでした。

二度目の交換申請は2017年1月24日に行いましたので、前回の2016年6月28日に交換品を受け取ってから約7ヶ月で壊れたという事になります。

交換品を確認したところ、LIFEPROOF nuud for iPhone6に嬉しいマイナーチェンジが入っていましたので紹介したいと思います。

・・・と、その前に1年経たずして2度目のケース交換となってしまった破損の理由について考えてみました。

ツメが折れる理由について考察してみた

LIFEPROOFのケースのクラック(割れ)は仕方ないので気をつけて使うという記事を見たことがありますし、ツメが折れるのを防ぐ為に防水で使うときしかキャップを閉めないという記事も見かけたことがありますが、そこまでしないと壊れてしまうものなのでしょうか。

通常使用による自然故障の場合、LIFEPROOF CAREでケースを新品に交換してもらえるとはいえ、ケースが壊れる度に交換申請をするのも正直面倒ですし、交換品を毎度毎度送らないといけないショップも負担になっているのではと思います。

考察・・・と大げさな事を書いてますが、誰が見てもキャップのツメの設計が開閉負荷を考えた作りになっていないのが原因なのは商品を見ると何となく想像が出来ます。

ちなみに前回と今回の破損具合の比較写真がこちら。

見事に同じ場所が壊れてます。

防水機能を維持するためにガッチリとキャップが閉じるようになってますので、充電のための開閉の度にツメの根元に負荷が掛かるのは避けられません。

ちなみにiPhone5s用やiPhone6s用はキャップのツメのデザインが異なっていますので、もしかするとiPhone6用だけがこの設計なのかも知れません。

LIFEPROOF CAREで2度目の交換

LIFEPROOF CAREの申請も2度目となると手慣れたもので、申請から発送まで3時間程度で完了。サクッと申請したので3日程で手元に交換品が届きました。(ショップの対応スピードも素晴らしいです)

前回同様に宅急便で交換品が届いたので開封してみますと、何とカラフルなステッカーが貼られたパッケージが出てきました。

全米売上No1!!という文字が、どことなくハリウッド映画の広告に見えてくるのは気のせいでしょうか。

実際にに全米売上No1かどうかは知りませんが、2015/9にケースを購入してから、今回の2度目の交換もスムーズに対応してくれたのは本当に凄い事だと思います。

値段だけを見ると非常に高い防水ケースですが、それ以上の恩恵を受けているのが実感出来ますので、「ず〜っと安心」と言うのは間違いありません。

LIFEPROOF nuud for iPhone6のマイナーチェンジ箇所の紹介

ようやく本題になりますが、今回届いた三代目J Soul・・・じゃなくて三代目LIFEPROOF nuud for iPhone6が、嬉しいマイナーチェンジをしていたので紹介したいと思います。

※もしかすると、商品ロットや取扱店の在庫状況によって新旧混在している可能性があります。開封するまで判別出来ないので注意が必要です。(壊れたら無償交換してくれるので、新旧どちらが届いても問題無いと思いますが。)

変更点その1:ツメのデザインが変更

折れやすいと考察していたキャップのツメのデザインが僅かに変更されていましたので、怪しげな手書きのイラストで変化を纏めてみました。

(イラスト by 日々記事)

下手くそなイラストで申し訳ありませんが、キャップからツメ部分が直接伸びていたのが、キャップ本体とツメの根元が一体化されている事で、負荷のかかるポイントが少し上に上がっているのが見て取れます。

根元から折れていた→根元をキャップと一体化させて太くしたので大丈夫・・・というのはどうも安直過ぎる気がするのですが、まぁ対策をしたというのは理由合ってのことだと推察しますので、まずは経過観察ですね。

変更点その2:ケーブル差込口の拡大

LIFEPROOFを使うに際してのデメリットの1つが、Lightningケーブルの差込口が狭すぎてサードパーティ製のLightningケーブルが使えない事でした。

しかし、今回届いたケースは差込口が大幅に拡大されており、写真の通りサードパーティ製のLightningケーブルも使えるようになりました。

 

写真のケーブルはLightningケーブルの中でも差込口が太い方のケーブルになりますので、スリムと書かれて売られているサードパーティ製品であれば、問題なく使うことが出来るかと思います。

だって、純正のLightningケーブル・・・すぐにゴムが破れて配線がむき出しになりますからね。(Appleもこの問題を早く解決して欲しいものです。)

まとめ

今回で2度目の交換をしてもらいましたので3個目のケースが手元にある訳ですが、一番初めに2015年9月にAmazonで約9,000円で購入してから2回の交換申請(郵送費360円×2)をしましたので、ケース代だけで9,720円掛かった計算になります。

9,720円でケースが3回新しくなったという事になりますので、1個あたりに換算すると3,000円弱。

普通にその辺で売られているケースと価格としては変わらない感じですね。それにこちらは意図せず7、8ヶ月で新品に交換されていますので、お得?という見方も出来ないわけではありません。

ただ予期せぬタイミングでツメが折れてしまうので、そこが悩ましい所ではありますが、平日で4営業日ほど我慢すれば交換品が届きますので、LIFEPROOF CAREを活用しつつケースとうまく付き合っていけば良いかと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

取扱店(Lifeproof正規代理店)

 

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。