先着5000名!「DTI SIM」 半年タダでお試し!キャンペーンに申し込んでみた

私自身SIMフリー端末を初めて手にしたのが今回のiPhone6sからだった事もあり、今までMVNOについて余り調べた事の無かった私はDTI SIMについて聞いた事がありませんでした。

なぜこのDTI SIMが気になり始めたのかと言いますと、DMM MobileがMVNO業界最安値を更新し続けていた時に、その最安値の座に一石を投じたのがこのDTI SIMだったからです。

そして何と、このDTI SIMが2015/12/18~2016/1/31の期間中、先着5000名を対象にお試しキャンペーンを開始しました。

気になっていたDTI SIMを基本料金無料で試せるならこの機会に申し込みするしかないっ!!という事で、早速画面でポチリました。

「DTI SIM」半年タダでお試し!キャンペーンとは?

mobile-mvno-dtisim-otameshi-gimon

DTI SIMを新規で申し込みする方のうち、先着5000名を対象に基本料金が2ヶ月もしくは6ヶ月無料になる限定キャンペーンです。契約するプランによって無料期間が異なりますので注意が必要です。

  • 音声プランの場合
    2ヶ月間の基本料金が無料になります。
  • データプラン/データSMSプランの場合
    6ヶ月の基本料金が無料になります。

注意事項

  • 無料となる期間は、SIMが手元に到着した月を含めます。
    つまり・・・今回のように12月中旬に申し込みして12月下旬にSIMが到着した場合、たとえ短い期間であっても12月も1ヶ月目としてカウントされるという事です。
    無料なので文句を言ってはいけません。
  • 契約事務手数料の3,000円(税抜)は掛かります。
    初期費用としてこれだけは掛かります、ここまで無料は流石になりません。。。
  • ユニバーサル料金は無料期間終了後から発生します。
  • 通話料/SMS送信料は使った分だけ発生します。
    当然ですが、無料になるのは基本料のみです。通話料/SMS送信料は従量制で課金されます。

ではその無料お試しキャンペーンをやっているDTI SIMとは一体どのようなものなのか・・・

DTI SIMとは

mobile-mvno-dtisim-otameshi-dtisimtoha

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットがドコモ回線網を使用して提供している格安SIMです。Xiエリアの他にFOMAプラスエリアにも対応している事から、ドコモと同じ人口カバー率を誇ります(通信が安定しているかどうかは別として)

ではDTI SIMの特徴を簡単に特徴などをまとめたいと思います。

下り最大225Mbpsのアドバンテージ

下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsと、他のMVNOの下り最大速度で150Mbpsが多い中、DTI SIMは最大225Mbpsとしています。

ベストエフォートなので、実際はそこまで出るわけではありませんが、150Mbpsと225Mbpsの回線それぞれ同じ人数でシェアすると考えれば・・・メリットがあるように思えますよね。

とは言いながらも今使っているDMM Mobileでもそこそこ満足しているので、150Mbpsだから良い悪いと言うのは正直無いと思っています。

業界最安値プランを持っている

DMM MobileのMVNO業界最安値プランに待ったをかけました。

全てのプランではありませんが、業界最安値プランを幾つも持っています。

特に際立っているのがDTI SIMが音声プランです。DTI SIMは元々データプランしか提供していませんでしたが、2015/10/29から音声プランの提供を始めました。

そしてリリース直後からプラン4つのうち3つで業界最安値を維持しています。(2015/12/21現在)

mobile-mvno-dtisim-otameshi-plan

電話をそれほどせずデータ通信もそこそこ・・・という3GBのミドル層での最安値の他に、10GBのヘビー層でも最安値!ここまでされてDMM Mobileが黙っているとは思えないのですが。

私はDMM Mobileの5GB音声プランを使っているので、安くなるのは歓迎です(笑)

最低利用期間は?

音声通話付きのプランは最低利用期間が12ヶ月となっており、他のMVNOと足並みを揃えている感じです。データ通信プランの場合は最低利用期間は定められていません。

固定ネット回線とセットで割引

DTIの光回線サービスも提供している事から、家の固定ネット回線をDTIに変更することで、「DTI 光×SIMセット割」が適用され毎月の値段が150円安くなるようです。

mobile-mvno-dtisim-otameshi-hikari

光回線サービスで同じく割引を提供しているMVNOもあります(NifMoやIIJ)のでオンリーワンではありませんが、セットで安く済ませることが出来るのであれば切り替えて見ても良いのでは無いでしょうか。

いまフレッツを使っている方が光コラボレーションでお得になるかどうかはキッチリ調べてからでないと損するので注意です!!(試算の結果私の場合は損をする事がわかりましたのでフレッツのままです)

スマイルモールに登録が必要

スマイルモールという株式会社フォーイット(株式会社ドリーム・トレイン・インターネットと同じフリービット株式会社が親会社のグループ企業)が運営するポイントサイトに同時登録になります。私は聞いたこともありませんでしたが、どうやらお小遣いサイトのようです。

新規契約した方がスマイルモールを利用すれば初回時に500円分のスマイルポイント(1スマイルポイント=1円)がもらえるキャンペーンをしているようですが、それ以外でスマイルモールのポイントが貯まるわけでは無いので、アカウントを作っても使うことは無さそうです。

まとめ

音声プランで2ヶ月、データプランで6ヶ月無料それぞれ基本料が無料になるというのはなかなか画期的なキャンペーンだと思います。

事務手数料を取っているとはいえ、それだけでは収益にはなりませんし、通信事業者としては継続的に利用してもらえる顧客(貴重な収益源)を集める必要があるわけです。

直ぐに解約されるリスクが付き纏うようなキャンペーンはメリットが無いので普通はしないでしょう。つまり、継続してもらえるだけの自信があるからこそ、基本料の無料期間を設けているのだと思います。

既にMVNOの格安SIMを使っているけど他のSIMも気になる方、今現在ドコモ/ソフトバンク/KDDIのキャリアを使っていてMNPを検討している方にオススメではないでしょうか。

実は私もドコモからの転出先を探している最中です。

既にiPhone6sで利用中のDMM Mobileは最有力候補のひとつですが、DTI SIM・・・これがどのくらいのパフォーマンスを発揮してくれるのか・・・SIMが届きましたらレビューしてみたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。