法事の案内状印刷サービスを使ってみたら非常に便利だった

施主の方が法事をするにあたり、最初に直面する課題が「案内状をどうすれば良いのか」ではないでしょうか。

私もこの度、施主として案内状を出す必要が出てきたのですが、法事の案内状を出す事など、そうある訳ではありませんでしたので、何から始めたら良いのかわからなくなりました。

  • 文面をどうすれば良いのかわからない
  • プリンタはあるけれど、印刷の設定が面倒
  • 少し疎遠の親族も居るため電話よりも郵送にしたい

わからないなりにも自分で出来ることは無いかを調べてみると、こうすれば良いという情報サイトは本当に沢山出てくるんです。

そしてどのサイトもきっと正しい事が書かれているのだと思います。

ですが、どのサイトも微妙にニュアンスの違う説明だったりするのです。

その結果、書式や文面などを参考にすれば参考にするほど、素人の私にはどうすれば良いのかわからなくなってしまいました。

情報過多で欲しい情報をピンポイントで得られない。

まさにこの問題に直面しました。

ですが、幸いな事に私のニーズを満たしてくれるサービスを見つける事が出来ました。

私と同じような悩みを持たれている方の参考になればと思い、一連の流れをまとめました。

まず簡単なまとめからスタートします。

そもそも法要・法事にはどんな種類があるのか

両親から聞いたり、自分で調べたりしている人であれば知っている事だと思いますが、この辺りは身内に故人が出てから知ることになるというケースもあるでしょう。

法要には忌日法要と年忌法要の2種類があります。

忌日法要とは

初七日(しょなぬか)から始まり、四十九日(しじゅうくにち)まで7日おきに行う法要です。四十九日の後は百箇日(ひゃっかにち)があり、その後は年忌法要になります。

※初七日と四十九日には会食をします。
※日付は亡くなった日を含め、◯日目の日に行われます。

年忌法要とは

一周忌(いっしゅうき)から始まり、三回忌(さんかいき)、七回忌(ななかいき)、十三回忌(じゅうさんかいき)、十七回忌(じゅうななかいき)、二十三回忌(にじゅうさんかいき)、二十七回忌(にじゅうななかいき)、三十三回忌(さんじゅうさんかいき)と続きます。

※一周忌と三回忌には会食をします。

七回忌以降は法要の規模を小さくする事が多く、三十三回忌を弔い上げとして、最後の年忌にするのが一般的です。

また、七回忌以降は間隔が長くなってくるので、注意しないと歳を跨いでしまった・・・という事にもなりかねません。

三十三回忌以降は、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌とありますが、特別な方を除いては三十三回忌までで年忌法要は終わりとしています。

また二十三回忌以降は、地域や宗派によって行ったり行わなかったりと差がある為、何が正解というのはありません。

まず、自分の置かれている環境がどうであるか、早いうちに知っておくことが大切だと改めて感じました。

私は今回「三十三回忌」の案内状をオーダーする必要がありました。

案内状をどうするか考える

benri-houjiannaijo-nayami1

パソコンもある!プリンターもある!作成する環境はバッチリ整っている!

ですが、自分で法要に適した文章を調べて、作成した場合に、その案内状が「適切」かどうかの判断は素人には難しい事がわかりました。

それは先ほども少し書きましたが、情報サイトによって書かれている内容が微妙に異なるからです。

よって失敗を恐れるのであればプロにお任せするのが一番という結論に至りました。

印刷屋さんで筆耕のサービスをしているような所でも、案内状印刷をしているところがありますが、近くでそういうサービスをしているお店をまず探す必要があります。

探す時間が無い

チェーン店やホームページがあるお店であれば、ネットで調べることが出来ますが、そうで無い場合は実際にお店に足を運んだり電話をして、案内状を作ってもらえるか確認をする必要があります。

その調べる労力を考えますと、案内状印刷サービスを使った方が確実であり時間短縮にもなると考えました。

作成までに時間が掛かる

Webで全てを完結出来ない場合、お店に足を運んだり、電話や郵送でのやり取りになったりと、案内状のデザイン作成ひとつとっても、相当自分の時間が拘束されてしまいます。

平日は夜遅くまで仕事をされているビジネスマンの方だと、せっかくの土日「あるかないかわからないサービスを探す為に費やすと言うのもシンドイ話です。

よって、インターネットで全て完結させる事が一番だと考えました。

オススメの案内状印刷サービスは?

私が今回利用して、満足度が非常に高かったのは「法事案内状ドットコム」です。
(URL:http://www.houjiannaijou.com/)

案内状作成サービスのホームページは調べればこれまた沢山出てきます。
それこそ町の印刷屋さんのホームページからネットショップまで様々です。

実際に足を運ぶことは出来なくても、インターネットで調べれる限りの事を調べて辿り着いたサービスでした。

「法事案内状ドットコム」のメリット

  • インターネットで全て完結出来る
  • 往復ハガキ・封筒の両方に対応している
  • 会員登録が不要
  • 見本が公開されており、仕上がりのギャップが無い
  • お急ぎ便オプションにも対応しているので、急な作成にも間に合う
    (最短で翌日には手元に届きます)
  • 送料は全国一律500円
  • 豊富なテンプレートが用意されており、会食の有無の他にも年忌毎に適した文面でオーダーする事が出来る
  • 自分専用掲示板でやり取りがスムーズで、何よりも返信が早い
  • 自分がオーダーした内容でデザイン案が送られてくるので、それに対して校正を出す事が出来る

と良いポイントをあげればキリがありません。

「法事案内状ドットコム」のデメリット

デメリット・・・正直ありません。

でも「個人的に」デメリット?と感じたところを無理やりあげるとすれば1点のみです。

  • クレジットカード決済に対応していない

支払方法は代金引換/銀行振込・コンビニ支払の三択ですが、後払い方式なので、支払が遅れた事による納品遅延の心配はありません。

ですので、デメリットというよりは、対応していてくれたら嬉しかったなと思った程度です。

法事案内状ドットコムの利用手順

早速、私が今回利用した流れについて、申し込みの流れをご説明したいと思います。

私は今回、 「往復はがき」で作成するつもりでしたので、特別な依頼は行っていません。

  1. 「法事案内状ドットコム(http://www.houjiannaijou.com/)」にアクセスします。
  2. ページ最上部にある「ご注文」を押下します。
    benri-houjiannaijo-top
  3. 「すべての法要に適した案内状」の画面が表示されますので、返信面を入力します。
    ※案内状を出す時期を選ぶことで、適した時候挨拶文が選ばれます。
    ※会食の有無で自動的にデザインが切り替わります。
    benri-houjiannaijo-order-input1
  4. 続いて往信面を入力します。
    ※これは宗派により異なるので、ご自身の宗派に合ったものを選びます。
    benri-houjiannaijo-order-input2
  5. ご注文枚数を選択します。
    枚数毎の金額はサイトの「価格表・送料(URL:http://www.houjiannaijou.com/price.html)」に記載されていますし、入力画面のプルダウンにも金額が表示されているので、困ることはありません。
  6. 印刷プレビュー画像の確認方法を選択します。
    メール・FAX・確認不要の3択になりますので、都合が良い物を選びます。
  7. お急ぎオプションを選択します。
    急ぎで案内状を作成してもらう必要がある場合に選択します。
    営業日午後3時(15時)までの校了で当日出荷して貰えます(土日祝日除く)ので、朝注文し、15時までにスムーズに校了すれば、当日に出荷されます。
    そして早ければ翌日には手元に届きますので、急ぎ依頼したい場合に非常に助かります。
    私は今回、お急ぎオプションを使いました。
  8. 宛名印刷オプションを選択します。
    案内状の宛名を自分で印刷する場合は、不要で良いと思いますが、宛名まで全て印刷済みでオーダーしたい場合、こちらのオプションを選択します。
    私は今回、全て印刷済みで手元に届けたかったため宛名印刷オプションを使いました。
    benri-houjiannaijo-order-input3
  9. 続いてご注文者情報を入力します。
    ここで入力した内容は、案内状の納品先(送り先)になります。
    三十三回忌など、画面から選択出来る年忌法要以外は、こちらの備考に入力をします。
  10. 全て入力が終わりましたら「ご注文内容を確認する」を押下します。
    benri-houjiannaijo-order-input4
  11. 確認画面が表示されますので、問題が無ければ「送信する」を押下し、内容を修正する場合は「戻る」を押下します。
    benri-houjiannaijo-order-input-check
  12. 正常にデータが送信されると、画面が切り替わり、「ご注文を送信いたしました」と画面に表示されます。
    benri-houjiannaijo-order-autoreply
  13. 注文時に入力したメールアドレスに自動返信メールが届きます。
    メールが届いていない場合、続く専用掲示板のURLが書かれたメールも見れない事になりますので、迷惑メールに振分けされていないか、改めて確認して下さい。
    benri-houjiannaijo-order-automail
  14. 営業時間前にオーダーした場合は、オーダーが受理されるまで気長に待ちます。
    営業時間が開始してオーダーが受理されますと、「掲示板からのお知らせです」という件名でメールが届きます。
    専用の掲示板が用意された旨の通知で、以後のやりとりはこの掲示板を使って行います。
    benri-houjiannaijo-order-bbsopenmail
  15. ◯◯様専用掲示板のアドレスにアクセスすると、専用掲示板が表示されます。
    ここには、注文した内容(日次)と印刷プレビューが作成された旨が記載されていますので、往信面と返信面の印刷イメージを確認します。
    何か問題があったり、内容を修正したい場合、一番上の連絡フォームに内容を記入して送信すれば、スタッフの方より掲示板に連絡があります。
    ※掲示板に返信があった場合も同様に、「掲示板からのお知らせです」という件名でメールが届きます。
    benri-houjiannaijo-bbs
  16. 次に、宛名オプションを選択しましたので、宛名を入力します。
    宛名を入力する方法は2つあります。
     ・[宛名入力フォームから登録する]
     ・[Excelテンプレートに入力してアップロードする]
    私は、Webで全て完結させる事にメリットがあると考えていますので、宛名入力フォームを使用しました。
    宛名入力フォームのURLを押下すると、「宛名印刷 宛名入力フォーム」が表示されますので、まずご注文者情報を入力します。
  17. 法事案内文のプレビュー画像の確認が完了しており、修正する必要が特に無い場合、法事案内文の画像確認のチェックを「校正OK」としておくと良いかと思います。benri-houjiannaijo-bbs-atena1
  18. 1ページあたり15名しか入力フォームが表示されていませんが、16名以降も入力可能ですので大丈夫です。
    ※16名以降の入力方法は、画面を最下部あたりまでスクロールすると書かれています。
  19. 宛名を入力し終わりましたら、「次の入力に進む(内容を確認する)」を押下します。
    benri-houjiannaijo-bbs-atena2
  20. 宛名の確認画面が表示されますので、問題が無ければ「送信する」を押下し、内容を修正する場合は「戻る」を押下します。
    benri-houjiannaijo-bbs-atena-check
  21. 正常にデータが送信されると、画面が切り替わり、「宛名の内容を送信いたしました」と画面に表示されます。
    benri-houjiannaijo-bbs-atena-send
  22. 宛名情報を送信しましたら、データが受理されるのを待ちます。
    データが受理されますと、宛名が受信された旨のコメントが投稿されます。
    受理のコメントがいつまで経っても送られてこない場合、宛名情報が正しく送信されていない可能性があります。
    そんな場合は焦らずに掲示板でコメントを送るなどして状況を確認する事をお勧めします。
  23. benri-houjiannaijo-bbs-comment1
  24. 私の場合、宛名情報の送信と同時に「校正OK」としていましたので、しばらくすると印刷工程に進む旨のコメントが投稿されました。
    ※まだ案内文の校正にOKを出していない場合は、掲示板上部の「画像修正なし 校正OK・印刷に進める」を押下します。
    ※当然ですが校正をOKにしない事には先に進みません。
    benri-houjiannaijo-bbs-comment2
  25. 掲示板のコメントにも書かれていますが、ヤマト運輸で配送が完了しますと「お荷物お届けのご案内」という件名でメールが届きます。
    benri-houjiannaijo-otodokemail
  26. 荷物が届きますと、支払い処理の前に内容物を確認します。
    仕上がりの確認も届いてすぐにしましょう。
  27. 支払方法を「銀行振込・コンビニ支払い」を選択された場合、コンビニ支払いの用紙が同梱されています。
    私はインターネットバンキングで支払をしましたので、用紙は破棄しました。

問題が無ければ、あとは届いた往復はがきをポストに投函して終了です。

まとめ

法事の案内状印刷サービスは非常に便利だという事がわかりました。

インターネットで全て完結させる事が出来るため、休憩時間にササッと依頼を掛ける事も出来ます。

時間が取れない方にピッタリです。

スマートフォンをご利用であれば、スマートフォンからでも操作出来ますので、パソコンが無いからと言って諦める必要はありません。

時間・場所問わず案内状作成をオーダーする事が出来るのは多忙な方にとって最高のツールになるのでは無いでしょうか。

プロが作成する案内状という事で絶対大丈夫という安心感があります。

歳を重ねますと法要・法事を行う機会はどんどん増えますが、案内状印刷サービスの存在を知った今、案内状で悩む必要は無くなりました。

またこちらのサービスを利用させていただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。