要注意!クレジットカード署名欄の上書きはNG!

クレジットカードが手元に届きましたら、クレジットカードの所有者として、まず初めにしなければならない事と言えば『署名(サイン)』です。

カードの裏面には署名欄(Authorized Signature)があり、カードが手元に届いたら自分自身の証明となる署名(サイン)をしてから使いはじめるのが一般的です。

今回はこの署名欄にまつわるお話です。

署名が薄れて見辛いので・・・

creditcard-tips-authorized-signature-mienikui

今年のGWに国内旅行で行ったとある美術館のショップでの出来事です。

普段と同じようにクレジットカードを使おうとした所、「クレジットカード裏面の署名が薄れて見辛いからもう一度上書きして下さい。」という言葉と共に、クレジットカードと油性ペン(マッキー)を渡されたのです。

今回のような事を言われたのは、クレジットカードを使い始めてからの15年で初めてでした。

私は一瞬何が起きたのか分からず、クレジットカードを受け取り利き手でマッキーを握りしめたまま、一瞬思考回路が停止しました。

そんな時、妻が「署名欄って上書きして良いの?クレジットカード会社からの指示なの?」と店員さんに質問をした事でハッと我に返りました。

店員さんは「そうではありませんが・・・」という微妙な対応でしたので、もしかするとショップを運営している会社が社員教育でそのような案内をしているのかも知れません。

クレジットカード会社の指示ではないのに、ショップの独断で署名の上書きを促すのはどうかと思いますが、それ以上に気になるのは正しい対応は何なのかという事です。

流石に素人の指示で署名の上書きをするのは危険だと判断し、今回の買い物では薄れてはいるものの署名の読み取りが出来ることを主張し、決済してもらいました。

ちなみに今回のクレジットカードの写真です(使用前と使用後)

creditcard-tips-authorized-signature-ba

表面はスキャンする上部が擦れており、裏面の磁気部分のホログラムはキズが付いて削れています。

署名欄はキズが入り、角も削れています。ここにボールペンで署名をしていましたので、署名欄が削られると同時に薄くなってしまったのでしょう。

署名欄はモザイク処理させて頂いておりますが、カードの劣化具合を見て頂ければ何となくご想像頂けるのでは無いかと思います。

クレジットカードの利用頻度

平日は毎日1~4回、土日は1日あたり2~3回の使用頻度です。だいたい1日あたり平均2.5回使っている計算です。(1週間だと17.5回)

1年間を52週で見た場合、1年間で910回はカードをスキャンしている計算になります。

現時点で約1年半経過・・・と言うことは、更に1.5倍の1365回・・・となり、もはや意味不明の数値になります。これだけクレジットカードをスキャンすれば、署名欄も傷むって話です。(クレジットカードを雑にスキャンする店員さんもいらっしゃいますし・・・)

クレジットカードの署名が薄れる程に使ったことが無かったため、このような事を言われたのは初めての経験でしたが、私以上にハードな使い方をしている方だと、同じことを言われた経験がある方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

じゃぁ署名が薄れた時はどうすれば良いの?

creditcard-tips-authorized-signature-gimon

実際、ショップとのやりとりも曖昧なままだったため、旅行から戻ると、すぐさまクレジットカード会社のよくある質問をチェックしてみました。

私が主に使用しているカードは以下の3つです。(他にもいくつかありますが割愛します)

  • ANAダイナースカード
  • JCBカード(OS)
  • 楽天カード(VISA)

3つのカード会社のよくある質問をチェックしても、署名欄が薄れた時の対応方法については記載がありませんでした。

きっと、よくある訳ではない質問なのでしょう。

しかし、一度署名が薄いと言われた以上、他のショップでも同じことを言われる可能性があるのは事実ですから、この問題は早く解決しないといけません。

そこで、各社のお問い合せ窓口に、今回の疑問を投げてみました。

三井住友トラストクラブ(ダイナース)の回答

のぎのき
クレジットカード裏面の署名欄について質問があります。
毎日カードを利用しているため、クレジットカード裏面の署名欄が擦れて名前の読み取りが難しくなってきました。
そのせいか、利用する店舗によってはサインの上書きを求められます。
私は自分自身を証明するために行うサインを二度書きしてしまう事はNGだと考えていますが、そもそも上書きする行為をクレジットカード会社が推奨するのかどうなのか、判断が出来ず今は擦れたまま使用しております。
カードの再発行をお願いすれば良いのか、サインを上書きして良いのか、どちらを推奨とされるのでしょうか。ご回答宜しくお願い致します。
三井住友トラストクラブ株式会社

サインの上書きは推奨できませんので、カードの再作成をお願いいたします。
カードの再作成の場合、送付先の確認が必要となりますので、お手数ではございますが、本メッセージへの返信で、カード送付先(当社ご登録のご自宅または勤務先に限ります)をお知らせください。

このような回答が返って来ました。

ふむふむ、署名の上書きは推奨されないとあります。 やはり、署名を上書きすると、元の署名と同じ人の署名かどうかの判別がつかなくなるという事があるからなのでしょう。

念のため、他の会社にも同様に問い合わせをしてみました。

JCBの回答

※若干質問の内容は変えています。

のぎのき
クレジットカード裏面の署名欄が使用により擦れて読み取りづらくなった為か、お店から署名を上書きするようにと油性ペンを渡されました。
流石にサインの上書きは偽造になるのではと思い、その場で署名の上書きはしませんでしたが、御社ではどのような対応を推奨されるのでしょうか。
ご返答頂けますと幸いです。
株式会社ジェーシービー

~略~
署名欄の読み取り不可や汚損でお持ちのJCBカードがご利用いただけない場合は、無料でカードを再発行させていただきますが、カード再発行のお手続き方法や再発行までの期間(通常1週間~10日程)は、お持ちのJCBカードの種類によって異なります。

お手数をおかけいたしますが、JCB変更受付デスクまでお電話にてお問い合わせいただきますようお願いいたします。
~略~

なるほど、JCBもカードは再発行の手続を推奨との事。

楽天カードの回答

※質問の内容はJCBと同じ内容で送りました。

のぎのき
クレジットカード裏面の署名欄が使用により擦れて読み取りづらくなった為か、お店から署名を上書きするようにと油性ペンを渡されました。
流石にサインの上書きは偽造になるのではと思い、その場で署名の上書きはしませんでしたが、御社ではどのような対応を推奨されるのでしょうか。
ご返答頂けますと幸いです。
楽天カード株式会社

日頃より楽天カードをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
ヘルプデスク担当 ◯◯でございます。
お問い合わせの件につきまして、ご案内いたします。
誠に恐れ入りますが、 カード裏面のご署名部分の書き直しをご希望の場合は、 楽天e-NAVIよりカードの作り直しをお願いいたします。
以下、カード作り直しの手続き方法を案内いたします。ご確認ください。
~略~

楽天カードも再発行の手続の案内となりました。

国際ブランド~提携クレジットカードまで基本的に同じ回答が来たという事は、他のクレジットカードでも同様の回答となる可能性は限りなく高いと言えます。

まとめ

creditcard-tips-authorized-signature-matome

3社に問い合わせして分かったことは、署名の上書きについては推奨しないという事です。

署名は自分自身を証明する物ですので、安易に上書きしてはいけないのです。

また、お店でクレジットカードの署名が薄いからという理由で上書きするように言われても、絶対に上書きをしてはいけません。まずそのような案内をしてくるという時点で、クレジットカードの知識が浅く、誤った情報で研修をしている可能性が高いです。

言われるがままに対応してしまうのではなく、冷静に疑問を持つという事が大切だと感じました。

少なくとも、クレジットカード会社の推奨はカードの再発行な訳ですので、擦れ擦れになるまで使うのではなく、薄れて来たなぁ・・・と思ったら、早めに再発行を依頼してしまうのが一番良いのでは無いでしょうか。

私もこれからはそのようにしたいと思います。

そして・・・早速カードの再発行をお願いしたところ、1週間程で新しいカードが手元に届きました。

クレジットカードの署名にはマッキー極細がオススメ

新しく届いたカードには極細のマッキーを使って署名を記入しました。

というのも、署名欄の記入はマッキーがオススメ・・・というまとめが意外と多かったからです。

creditcard-tips-authorized-signature-pen

署名欄に油性ペンで書いてみると、ボールペンのようにツルツル滑らないので、シッカリとした筆圧でまっすぐに文字を書くことが出来ました。

そして署名欄にしっくり馴染むような感じで・・・悪くありません!!

当然ですが真っ黒!!ですので、色が少々濃いのが若干気にはなりますが、それを除けば非の打ち所がありません。(個人的主観ですが)

いや、何というか署名の上書きを進めてきた店員さんがマッキーを出してきたのも頷けます。

ちなみに↓

クレジットカードに署名はしなくて良い?

クレジットカードに署名をせずに使っているという人もいらっしゃいます。

署名をすると署名を偽造されて不正にカードが使われるのでは・・・と変な解釈をしていたりする訳ですが、所有者が署名をする(している)という事は、自分自身が所有するクレジットカードであり、自分自身の意思のもと商品を購入する(クレジット契約をする)という事になります。

つまり署名がされてないクレジットカードを落としたり盗まれたりした場合、サインを誰かに書かれて使われたとしても、クレジットカード会社の保証が受けられません。
だって・・・クレジットカードが未記入だったら、誰がサインしてもその人のサインになりますよね。

それだけサインというのは大事なのです。

身近に使っているクレジットカードですが、意外と知らないことが多いです。正しい情報を身につけて自分で自分の身を守るように心がけましょう。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

もし宜しければ、Twitterのフォロー/facebookページのいいねを宜しくお願い致します。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。