Instagramの投稿を写真付きでTwitterへ連携する方法

当ブログではいくつかSNSアカウントを運用しています。その中にInstagramもあるのですが、実はInstagramの投稿は先日(2018/3/3)の「ハーゲンダッツ華もち」の件が初投稿という、世間からは随分遅れてのInstagramデビューになりました。

最初、Twitterから何気なく写真投稿したのですが、折角ならInstagramから投稿してみようと思い、普通にTwitterのトグルをオンにして共有したところ・・・画像は添付されずInstagram投稿への短縮URLが表示されたものがTwitterに投稿されていました。

簡単に連携出来ると思いきや、まさかこんなところに落とし穴があるとは・・・。

何とか解決はしたものの、同じようにハマる人は絶対居ると思いますので、解決方法を備忘録としてまとめておきます。

InstagramからTwitterに直接連携すると画像が出ない

InstagramからTwitterに直接連携(共有)した場合、折角の優美な写真もTwitterには表示されません。

しかもツイートに表示されるのはInstagramへのリンク。一応Instagramに飛びさえすれば画像を見ることが出来るのですが、いちいちリンクを押さないといけないのは面倒です。

上段のツイートがInstagramから連携したツイートで、下段のツイートはTwitterに直接投稿した写真です。

出来ることならば、下段のようにInstagramからの投稿も写真付きで連携したいですよね。

それには、InstagramともTwitterとも異なる、別のWebサービスを使ってアカウント同士を連携させる必要があります。

IFTTTでInstagramとTwitterを連携させる

IFTTT(イフト)とは、自分自身が管理するアカウント(SNSに限らずEvernoteやDropbox等も)を、連携ルールを設定して、簡単に連携させる事が出来るWebサービスです。

アカウント連携をしたければ、まずIFTTT(イフト)をチェック・・・と言うのは大げさかも知れませんが、それくらいに有名なサービスだと私は思います。

基本的にWebサイトは英語になっていますが、そこまで難解な英語が記載されている訳ではありませんので、感覚で設定をすすめる事が出来ます。

IFTTT(イフト)のアカウント作成

    1. こちらからIFTTT(イフト)にアクセスし、アカウントを作成します。
      アカウントは、Eメール、Googleアカウント、facebookアカウントの3通りの方法で作成出来ます。
      (私はEメールで登録しました。)
    2. メールアドレスを入力して、「Get started」を押下すると、次の画面でパスワードを設定します。
    3. この画面では、パスワードを設定します。任意のパスワードを入力したら、「Sign up」を押下します。
    4. アカウントの新規作成が完了すると、IFTTTのウェルカムページが表示されます。
    5. アカウントの作成は以上で完了なのですが、アカウント作成の締め作業として1つやっておきたいことがあります。
      それは、アカウント作成時にデフォルトで設定されているレシピをOFFにする作業です。
      画面上部の「My Applets」を押下すると、レシピが1つ表示されます。
    6. レシピをクリックすると、詳細が確認出来るので見てみますと。どうやら朝の6:00になったら、登録されているメールアドレスに送られてくるというもの・・・。
      特に不要であれば「On」となっているトグルをタップするとレシピを無効化出来ます。
    7. なるべく使わないレシピはオフにしておくことをオススメします。

IFTTT(イフト)のアカウント作成が完了しましたので、次にInstagramとTwitterアカウントをIFTTT上で認証させます。

InstagramとTwitterの認証をする

IFTTT(イフト)で他アカウントの連携をさせるには、IFTTT(イフト)上で、それぞれのアカウントの認証を済ませておく必要があります。

今回はInstagramとTwitterになりますが、それぞれのアカウントで先に認証を済ませておくと、この後のレシピの設定が簡単に進められます。

  1. 画面上部の「Search」をタップすると、検索窓の下にRecommend for youと表示され、Instagramなどのアカウントがズラッと並んでいます。ここに表示されているアイコンをタップして、アカウントの認証をしていきます。
    まずはInstagramに認証をしますので、「Instagram」のアイコンをタップします。
  2. Instagramの認証がまだ完了して居ない場合、「Connect」が表示されていますので、押下します。
  3. 認証しようとしているアカウントが合っているかどうかの確認画面が表示されます。
    問題なければ、「Authorize」を押下します。
  4. 認証が完了すると認証前の画面が表示され「Connect」が消えているのが確認できます。
  5. 続いてTwitterの認証をしますので、「Search」を押下し、Recommend for youから「Twitter」のアイコンをタップします。
    Twitterの認証がまだ完了して居ない場合、「Connect」が表示されていますので、押下します。
  6. IFTTTにTwitterアカウントを連携して良いかの確認画面が表示されますので、間違いなければ「連携アプリを認証」を押下します。
  7. 認証が完了すると認証前の画面が表示され「Connect」が消えているのが確認できます。
  8. レシピを利用するための準備作業はこれで完了です。

IFTTT(イフト)のアカウント認証が完了しましたので、次にInstagramとTwitterを連携させるレシピを探します。

InstagramとTwitterを連携させるレシピ

IFTTT(イフト)でアカウント同士を連携する設定をしたルールの事をレシピと言います。レシピは1から自分で作成する事も出来ますが、「こういった連携をやりたいな~」と思った内容は、ほぼほぼ先人の方々が実績を作ってくださっていますので、ここは有難くレシピを使わせて頂く事にします。

  1. レシピの検索は非常に簡単です。
    画面上部の「Search」を押下すると、検索窓が表示されますので、そこに連携したいアプリ名を入力します。
  2. 検索結果は、検索条件を入れる度にリアルタイムに下に絞込が反映します。
    画面を少しスクロールしてレシピを見てみますと・・・
    なんと!ドンピシャとも言える日本語のレシピがあるじゃないですか!
  3. レシピを使うには、レシピをタップして詳細を開いたら、「Turn on」のトグルをタップするとレシピを有効化出来ます。
  4. これでレシピの有効化は完了です。念のため画面上部の「My Applets」を押下すると、設定中状況を確認できます。
  5. これでIFTTT(イフト)側の設定は完了です。

実は、IFTTT(イフト)では、レシピを元に、細い設定をする事が出来るのですが、本記事では一旦レシピのカスタマイズについては割愛したいと思います。

Instagramで写真投稿するとTwitterへ自動連携

  1. 早速レシピの動きを確認するためにInstagramから投稿してみます。
    写真を選択して、キャプション(文章)を入力し、ハッシュタグも埋め込みます。
    ここで、投稿する際、Twitterのトグルはオフのまま投稿します。
  2. Instagramで投稿後にTwitterを確認すると、うまく写真付きで投稿されていました。
    ツイートにはURLが入っていて、URLをクリックするとInstagramの投稿ページが表示されます。
  3. うまく連携出来れば作業完了です。

Twitterに投稿された内容は、写真こそInstagramサイズに変換されているものの、違和感なく投稿されています。ツイート上で画像をクリックした時の挙動は、Twitterから投稿した画像をクリックした時と同じです。

IFTTTで連携出来ないパターンのご紹介

InstagramからTwitterへ投稿が自動連携されて非常に便利になりましたが、やはりIFTTTとは言え、完全に異なるサービスを完璧に連携は出来ないようです。

時間が経ってもTwitterに全然飛ばないな・・・と思ったら、下記のパターンに該当していないか確認しましょう。

文字数超過
Instagramから投稿する際にTwitter側の文字数を超えてしまうパターンです。入力できる文字数はInstagram>Twitterなので、ありがちと言えばありがちです。
複数写真
Instagramでも複数写真の投稿が出来るようになっていますが、IFTTTでTwitterに連携する事が出来るのは、写真が1枚の場合のみです。写真を複数選択してInstagramに投稿した場合は、Twitterに連携されません。

まとめ

IFTTT(イフト)での連携は、一度設定さえしてしまえば基本的に再設定は不要なのですが、中にはアカウントの認証が一定期間で切れるものがあり、その都度再認証が必要な場合もあります。

Instagram→Twitterに写真を連携するレシピは、写真共有に適したInstagramと、リツイートや拡散に優れたTwitterとの融合させられる非常に良い連携だと思います。

Instagramからの投稿がリンクになって困っている人は是非お試しください。

IFTTT(イフト)では、この他にもInstagramの投稿をfacebookページ(個人アカウントではなくページ)へ投稿するためのレシピがあったり、Wordpressと連携させるレシピがあったりと盛り沢山です。自分にあったレシピを見つけて連携するのも楽しいと思います。

今回も最後までお読み頂き有難うございました。

ABOUTこの記事をかいた人

当ブログでは、私自身が困って調べたこと、試した事を中心に記事を書いています。何か少しでもお役に立てれば幸いです。 最近では、企業様からのレビュー記事のご依頼を頂くことも出てきました。 お気軽にお問合わせよりご連絡下さい。